編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

アップル、「iOS 16」を9月13日にリリースへ

Adam Benjamin (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2022-09-08 11:34

 9月13日に「iOS 16」が配信されたら、古いロック画面を捨て去り、スマートフォンのカスタマイズの新時代に足を踏み入れよう。Appleは8日、秋の「iPhone」発表イベントでiOS 16と「watchOS 9」のリリース日を明らかにした。これはAppleにとって毎年の恒例行事だ。春には年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」でiOSの次期バージョンを発表し、開発者や他のベータテスターとともにそのテストをして夏を過ごし、秋になるとiPhoneの最新モデルとともに新OSをリリースするというサイクルになっている。

iPhone 14 Plus
提供:Apple/Dawnthea Price Lisco/CNET

 この年1回のiOSのアップグレードは、AppleがOSを大幅に刷新するための重要な機会で、2007年から行われている。もちろん、年間を通じて小規模なアップデートが届けられる可能性はあるが(現在の最新バージョンは「iOS 15.6.1」で、重要なセキュリティパッチが含まれている)、9月のメジャーアップデートでは極めて大きな変更が加わることが多い。

 米CNETは数カ月前からiOS 16のベータ版をテストしているため、何が登場するのかはすでに把握している。iOS 16で特に注目される機能は、カスタマイズ可能なロック画面、「メッセージ」アプリでの送信取り消し(制限あり)、ロック画面上の通知表示の変更、「Appleウォレット」の強化、メッセージアプリから「SharePlay」を利用できる機能などだ。

 なお、7日のイベントで発表されたのはiOS 16のリリース日だけではない。「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」「Apple Watch Series 8」、そして新登場の「Apple Watch Ultra」も発表された。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]