編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

「Windows 11」プレビュー版、タブレットに最適化されたタスクバーが復活

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-09-13 12:32

 Microsoftによる最新の「Windows 11」プレビュー版では、タブレットでの使用に向けて最適化されたタスクバーが復活している。

タブレットを操作する人
提供:Klaus Vedfelt via Getty Images

 このタスクバーは、折り畳まれた状態では重要なステータスアイコンのみを表示し、タブレットを手に持っている際の誤操作を避けられるようになっている。そして、タスクバーを展開するとより大きなアイコンが表示され、タッチ操作がしやすくなる。

 ユーザーが2-in-1型のデバイスを使用している場合、キーボードを分離するか背面に折り畳むと、このタスクバーは自動的にタブレットに最適化されたモードへと切り替わる。そしてタスクバーを上へ、あるいは下にスワイプすることで、その表示状態を切り替えられるようになっている。Microsoftは、タブレットに最適化されたタスクバーをタブレットや2-in-1型のデバイスでのみ有効化し、ノートPCやデスクトップPCでは無効化するという実用的な判断を下している。

 タブレットモードを搭載したタスクバーは、Windows 11の2月のプレビュー版でもいったん実装されており、今回の実装を見る限り何も変わっていないようだ。

 Microsoftは同社ブログに「デバイスをタブレットとして、より安心して快適に使えるようにするため、タッチ操作に最適化されたタスクバーを再導入する」と記している。

 2-in-1型のPCに、「Windows 11 Insider Preview」の「Dev」チャネルでリリースされている「Build 25197」を搭載していれば、「Optimize taskbar for touch interactions when this device is used as a tablet」(このデバイスをタブレットとして使用する場合にタスクバーをタッチ操作用に最適化する)という設定がデフォルトで有効化されているはずだ。この設定は[設定]−>[個人用設定]−>[タスクバー]−>[タスクバーの動作]から変更できる。

 Devチャネルは、ユーザーを交えたテストが実施されるものの、最終版としての提供が保証されていない機能を提供するチャネルとなっている。しかし、タスクバーのこの最適化機能はタブレットでの使用を考えた場合、適切なものだと感じられる。

 タブレットを含むすべてのデバイス向けのアップデートとして、システムトレイの変更が挙げられる。システムトレイは今回、画面右下に表示されるすべてのアイコンに対して「丸みを帯びたフォーカスと浮き上がって見える処理」が加えられた。この目的はエクスペリエンスのモダナイズにあると言ってよいだろう。

 また、Microsoftはシステムトレイの修正にも取り組んでいる。Windows Insiderチームは同社ブログに「この変更により、システムトレイ内のアイコンをドラッグ&ドロップしたり、再配置したりできなくなった点に気付いた人がいるかもしれない。この変更に関するフィードバックは今年に入ってから寄せられてきており、将来のInsiderプレビュー版で対処すべく取り組んでいる」と記している。

 設定アプリでは、アニメーションのアイコンやイラストの表示を開始した。アニメーションのアイコンはナビゲーションバーに表示される。

アニメーションアイコン

提供:Microsoft

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]