編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

「ChromeOS」のユーザー体験を効率化する5つのヒント

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-09-15 07:30

 初期状態の「ChromeOS」は市場で最も効率的なOSの1つである。その理由の1つは、同OSがシンプルであることだ。もう1つの理由は、最初から可能な限り使いやすくすることを目指して設計されていることだ。その目標を達成するため、開発者は、UIの操作を信じられないほど簡単にする機能を多数組み込んでいる。

 本記事では、ChromeOSプラットフォームをより高速かつ容易に操作するための簡単なヒントを5つ紹介したいと思う。

 これらのヒントはすべて、システムに標準で搭載されている機能を利用するので、何もインストールする必要がなく、最小限の設定を行うだけでいい。

 必要なのは、これらの魔法のような機能の使い方を理解することだけだ。本記事では、その手順を解説する。

ChromeOSで操作を高速化してユーザー体験を効率化する5つのヒント

必要なもの

 必要なのは、最新バージョンのChromeOSを搭載した「Chromebook」だけだ。本記事では、ChromeOSバージョン106.0.5249.12を使って説明を進めるが、これらの機能は、古いバージョンでも全く問題なく動作するはずだ。とはいえ、ChromeOSは(最新のセキュリティと機能を利用できるように)必ず定期的にアップデートした方がいい。

 それでは、具体的なヒントを紹介していこう。

1. タップによるクリックを有効にする

 初期状態では、タッチパッドでタップによるクリックが有効になっていないことに気づく人もいるかもしれない。些細なことに思えるかもしれないが、クリックするために、タッチパッドを押し込むのは、時間と労力の無駄だ。ありがたいことに、タップによるクリックを有効にするのは、非常に簡単だ。具体的な手順を紹介しよう。(デスクトップメニューまたはシステムトレイポップアップの歯車アイコンから)「Settings」(設定)アプリを開き、「Device」(デバイス)>「Touchpad」(タッチパッド)の順に移動する。そのウィンドウから、「Enable tap-to-click」(タップによるクリックを有効にする)のオン/オフスライダーをタップすると、準備完了だ。「Settings」(設定)ウィンドウを閉じて、より効率的なタップ方法を思う存分利用してほしい。

ChromeOSでタップによるクリックを有効にする。(提供:Jack Wallen)
ChromeOSでタップによるクリックを有効にする。
提供:Jack Wallen

2. タッチパッドジェスチャーを使用する

 ChromeOSには、利用すべき非常に便利なタッチパッドジェスチャーがいくつか用意されている。例えば、以下のようなものがある。

  • 3本指で上にスワイプして、開いているすべてのウィンドウを表示する。
  • 3本指で下にスワイプして、概要を閉じる(開いているすべてのウィンドウが表示される)。
  • 2本指で左右にスワイプして、前または次のページ(または画面)に移動する。
  • マウスカーソルをタブバーに移動して、3本指でスワイプし、タブを切り替える。
  • マウスカーソルをシェルフに合わせて、上にスワイプする。
  • 4本指で左右にスワイプして、ワークスペースを切り替える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]