「経費BANK」、「モバイル Suica」「モバイルPASMO」利用履歴を一括取得可能に

NO BUDGET

2022-09-20 07:33

 バックオフィス支援サービスを提供するSBIビジネス・ソリューションズは、クラウド型経費精算システム「経費BANK」のアップデートを実施し、スマートフォンの交通系電子マネーの利用履歴をワンクリックで一括取得する「スマートLINK機能」をオプションサービスとして提供開始した。

 「経費BANK」は、スマートフォンやタブレット端末で、時間、場所を問わず経費関連の申請や承認を可能にするサービス。取引先への支払依頼と支払予定表による支払管理、経費集計による経費分析、銀行振込データおよび会計仕訳データの作成機能により、経理業務効率化を実現できる。

 申請書などのカスタマイズが可能で、柔軟に承認ワークフローを設定できる。また請求書や領収書をはじめとするあらゆる国税関係書類を改正電子帳簿保存法の法令要件を満たした形式で電子保存できる。

「スマートLINK機能」の利用イメージ
「スマートLINK機能」の利用イメージ

 スマートLINK機能では、申請者が事前に「モバイルSuica」や「モバイルPASMO」と経費BANKをひもづけておくことで、経費BANKの画面上でモバイル SuicaやモバイルPASMOの利用履歴をワンクリックで一括取得可能となる。

 申請者は、取得した履歴データの中から精算の対象となるものを選択して取り込みボタンを押すだけで、複数の伝票明細を瞬時に作成でき、そのまま申請することができる。

 承認者は、スマートLINK機能を使った申請であることが一目でわかるようになっているため、ルートの交通費を改めて検索して調べる必要もなく確認が容易に行える。

 さらにこの機能で取得した履歴データは、申請者が変更できないよう制御することができる。そのため、自動的に入力ミスを防ぎつつ不正防止にも貢献する。

 利用料金(税別)は、初期費用不要、月額利用料(10ID単位)で1000円。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]