編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

インテル、中小企業のDX推進を目指したSaaS事業者向け支援プログラム

渡邉利和

2022-09-22 13:00

 インテルは9月21日、SaaS事業者に対してビジネス促進や技術支援の活動を行うプログラム「インテル SaaS Market Acceleration Program」を2022年第4四半期に開始すると発表した。

 代表取締役社長の鈴木国正氏は記者会見で、「国内のパブリッククラウド市場は2021~2026年に年率18.3%で成長すると予測されている。大企業の約80%がクラウドを活用している一方で、中小企業では49%ほどにとどまる」というデータを挙げる。企業数で見ると日本の企業の99.7%が中小企業に分類されるという現状を踏まえると、「日本の産業の成長を目指すためには中小企業を支え、発展させることが重要」だと指摘した。

 中小企業のDX推進に向けては、まず取り組みが比較的容易なSaaSの活用から始めるべきという考えから、同社はSaaS事業者を「中小企業の支援者」と位置付け、中小企業でのクラウド活用の障害である「人材不足」「セキュリティ」「コスト」に対する根強い懸念を解消できるよう、SaaS事業者に対してビジネス面/技術面の両面で支援を提供するという。

インテルのクラウド戦略。鈴木氏はインテルについて「半導体の提供者ということ以上に、日本の産業の成長を目指しそれを支援していく企業」だと説明しており、クラウド市場の成長が日本の産業・経済の成長に直結することから、これを支援するという流れだ。とはいえ、現在では同社のプロセッサー製品の大口ユーザーがクラウド関連事業者になっていると考えれば、そのニーズに応えて適切なサポートを提供するという従来通りの活動だと考えても特に矛盾はないだろう
インテルのクラウド戦略。鈴木氏はインテルについて「半導体の提供者ということ以上に、日本の産業の成長を目指しそれを支援していく企業」だと説明しており、クラウド市場の成長が日本の産業・経済の成長に直結することから、これを支援するという流れだ。とはいえ、現在では同社のプロセッサー製品の大口ユーザーがクラウド関連事業者になっていると考えれば、そのニーズに応えて適切なサポートを提供するという従来通りの活動だと考えても特に矛盾はないだろう

 新たなプログラムでは、ユーザーとなる中小企業がセキュリティの強化されたクラウドサービスを容易に利用できるよう、サービスを提供するSaaS事業者を技術支援し、SaaS市場の成長を図るとともに、中小企業が高度なIT人材や知識を有することなくクラウドサービスを利用できる環境を整え、労働生産性向上とDX推進を支援するという。

 開始初年度となる2022年は、まずビジネス面での支援を中心に展開する予定。プログラムに参画するSaaS事業者と同社によるコミュニティーを形成し、その中でイベントへの参加機会の提供や、ユーザーとなる中小企業のマッチングといったビジネス推進活動を展開するとしている。さらに2023年からはSaaS事業者の参画をさらに広く募っていくとともに、テクノロジーセミナーの実施やクラウドにおける最適化支援、テクニカルアドバイザリー技術支援へと活動を拡大する予定となっている。

インテル SaaS market Acceleration Programの概要。SaaS事業者のコミュニティーを形成し、そこにビジネス面/技術面の両面で支援を提供する
インテル SaaS market Acceleration Programの概要。SaaS事業者のコミュニティーを形成し、そこにビジネス面/技術面の両面で支援を提供する
インテル SaaS market Acceleration Programの内容。2022年はビジネス面での支援から着手し、2023年には技術支援を追加する予定
インテル SaaS market Acceleration Programの内容。2022年はビジネス面での支援から着手し、2023年には技術支援を追加する予定
支援策の具体的な内容
支援策の具体的な内容

 執行役員 インダストリー事業本部 本部長の張磊氏は、クラウドにおけるインテルの価値について説明。同社は2012年にクラウド事業者向けのカスタムCPUの提供を開始するなど、早くからこの分野での取り組みを開始しているといい、クラウド事業者向けに「性能」「柔軟性」「コスト」「セキュリティ」といった価値を提供していると強調した。

 また、DCAI セールス クラウド・ソリューション・アーキテクトの松田貴成氏は、同社がクラウド/SaaS事業者向けに提供できる技術支援の内容として、クラウドに最適化されたプロセッサー(インテルXeonスケーラブル・プロセッサー)はもちろん、クラウドワークロード最適化の情報や各種ソフトウェアの提供によってクラウドを最大効率で利用できるようさまざまな技術支援を提供できるとした。

 中小企業における労働生産性の向上が重要な課題であることは間違いなく、その対策としてSaaSの活用が有効な手段となり得ることも間違いないだろう。今回の取り組みは、SaaS事業者側を支援することで中小企業がSaaSを活用しやすくする、という一見間接的なアプローチにも見えるものだが、これがどのような成果を生むことになるのか見守っていきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]