編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

NECネクサソリューションズ、自動二輪車による走行中の違反検知と動画を提供

NO BUDGET

2022-09-23 08:15

 NECネクサソリューションズは、自動二輪車専用ドライブレコーダー上で動作する「2輪車安全教育支援サービス」の提供を10月1日に開始する。宅配・デリバリー事業者などに対し、二輪車の安全運転を教育面からサポートし、交通事故減少に貢献するとしている。

 このサービスは、二輪車専用の通信型ドライブレコーダーで全地球測位システム(GPS)から位置情報を取得し、その位置情報により道路交通法違反を検知。違反時における走行動画と走行スコアをクラウド上で提供する。これにより、ドライバーに対する客観的評価と、的確かつ効率的な教育、全社視点での管理を可能としている。

サービスの利用イメージ
サービスの利用イメージ

 道路交通法違反の検出は、ジェネクストが運営する道路交通法違反検出エンジン「AI-Contact」を利用する。道路交通法の順守状況による走行スコアを表示し、ドライバーに対する客観的評価と違反運転があった場所周辺の走行動画を抽出して確認する。これにより、上長による振り返り教育に活用できる。

走行スコアの詳細画面イメージ(違反情報/走行軌跡地図/反前後の動画再生画面)
走行スコアの詳細画面イメージ(違反情報/走行軌跡地図/反前後の動画再生画面)

 同サービスにより交通事故発生時の画像だけでなく、実際の違反時の走行動画を確認でき、的確かつ効率的な教育が可能になるという。また、クラウドサービスにより現場だけでなく全社視点での管理が実現できる。

 なお利用価格は、月額サービス料として二輪車1台あたり5000円(税別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]