栗田工業と日立、製鉄所など原料ヤード管理のDXで協業

NO BUDGET

2022-09-28 16:49

 栗田工業と日立製作所は、製鉄所などの原料ヤード管理のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて本格的に協業を開始した。両社の知見、技術、ノウハウを掛け合わせ、新たなソリューションの開発を推進していく。

協業の内容
協業の内容

 具体的には、船から荷揚げして山積み保管する製鉄所の原料ヤードにおいて、ドローンに搭載した水分センサーにより原料パイル(山)ごとの水分を測定し、データを収集して広大な現場の状況を可視化する。そして関連する気象データと組み合わせてクラウド基盤上で人工知能(AI)解析を行い、蒸発や降雨に伴う原料の水分変動を予測する。

 これにより原料の粉塵飛散や焼結工程、コークス工程などの後段設備への影響を事前に把握できるようになり、水分に起因するさまざまなリスクの管理が可能となる。このリスクを可視化することで、粉塵飛散を防ぐ最適な散水計画や点検箇所の選定といった対策が可能となるほか、原料の水分上昇防止や設備への付着性の低減など、多様な原料改質技術をタイムリーに適用できるようになる。

 また原料の変質を抑え取り扱いやすくすることで、製鉄所などにおける生産性の向上や安全性の改善、後段設備での燃料の使用量低減による二酸化炭素(CO2)排出量の削減に寄与する。

水分リスク管理と多様な原料改質技術
水分リスク管理と多様な原料改質技術

 水分の測定に活用するドローンは、可視光センサーと水分センサーを搭載しており、原料ヤードを空撮し、原料パイルごとの体積や表層の水分に関するデータをリアルタイムに収集してクラウド基盤上に蓄積する。これにより、熟練の作業員の経験に基づき目視で確認していた原料パイルごとの在庫量や、手入力での原料情報の帳票化などの業務負荷が軽減できる。また、頻繁に確認することが難しい原料パイルごとの水分や水分上昇を防止する遮水性コーティング剤などの原料改質剤の有無を効率的に把握することが可能となる。

 今後も両社は、原料ヤード管理のDXに向け、製鉄所の生産性の向上や環境負荷低減に貢献するさまざまな技術やソリューションの開発に取り組んでいく。また共同で製鉄所の現場における実証実験に取り組み、その他の業種へのソリューション提供やグローバル展開を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]