編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

NTT、京都府内に新データセンターを建設--「IOWN」推進へ

ZDNet Japan Staff

2022-09-29 16:33

 NTTは9月29日、京都府に「京阪奈データセンター(仮称)」を建設すると発表した。2025年度下半期にNTTコミュニケーションズが同拠点からサービスを開始する予定で、NTTグループが推進する次世代基幹ネットワーク「IOWN」の研究開発における実証機能を担うという。

 新データセンターは、京都府相楽郡内の災害リスクが低い海抜約94メートルの平地に建設され、大阪、京都、奈良各市の中心部から車で1時間以内にアクセスできるという。建物は地上4階建て免震構造を採用する。計画する電力容量は30メガワット(当初は6メガワット)で、サーバールームの面積は4800ラック相当の1万900平方メートルになる。投資規模は総額約400億円になる。

 ティア3相当の電力および空調、通信の設備を冗長化し、災害対策やセキュリティ対策を徹底する。また顧客の希望により再生可能エネルギーを使用でき、二酸化炭素排出量を実質ゼロにできる体制を準備する。

 新データセンターはNTTグループの研究開発施設に隣接するといい、現在はNTTコミュニケーションズの「東京第11データセンター」(東京都武蔵野市)にあるIOWNの試験環境を新データセンターにも拡張することで、研究成果を早期に実用化できるようにするという。

完成イメージ
完成イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]