海外コメンタリー

次にオープン化の波が向かうのはクラウド--デルCTOに次の戦略を聞く

Tiernan Ray (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-10-17 06:30

 長期的な観点からコンピューティングの歴史を振り返れば、あらゆるコンピューターシステムは、最初は限定的な機能セットから始まるものの、創造力に優れた人々が予想外の使い道を思い付くのに従って、オープン化されて新たな機能を取り込んでいくものだ。

 Dell Technologiesのプレジデント兼最高技術責任者(CTO)プロダクト&オペレーションを務めるJohn Roese氏によれば、クラウドコンピューティングを総体的に見れば、それ自体を1つのコンピューターシステムとして捉えることができるが、このシステムも今後、同様の「ルネッサンス」を経験することになるという。

John Roese氏
提供:Dell Technologies

 Roese氏は、米ZDNetによる「Zoom」でのインタビューの中で、「コンピューティングパラダイムの観点からメインフレームやスーパーコンピューティング環境について考えてみると、興味深いことが起こっているのが分かる。初期の頃のシステムは、パラメーターを管理可能な範囲に止めて成果を出しやすくするために、コンポーネントも選択の自由も限られている」と述べた。

 「しかしその後システムが安定し、使われる場面が増えると、そのシステムの使い道が創造的で多様なものになっていき、そのシステムが最初に作られた時には、誰も考えなかったような使い道を思い付くようになる」

 Roese氏は、創造的な使い方が爆発的に増えると、「使途が限定されすぎているアーキテクチャにストレスがかかるようになり、徐々に、しかし不可避的にオープンなシステムアーキテクチャに移行していく」と説明する。

 クラウドでも同じことが起きつつあると同氏は言う。

 「私たちはコンピューティングの分野でそれを経験してきており、これまでコンピューティングのオープン化に貢献してきた。それがクラウドや今日のITスタックにも当てはまるとすれば、私たちの役割は、(クラウドでも)それを確実に実現できるようにすることだ」と同氏は語った。

 「この分野におけるDellの位置づけについての大方針は、上流に他から切り離されたもう1つの領域を作るのではなく、インフラサイドからどのレイヤーを切り崩せばいいかを検討し、それを水平展開することだ」

 それは、具体的には何を意味するのだろうか。

 Roese氏によれば、Dellは、機能の集合体であるレイヤーに関して、複数のクラウドプロバイダーにまたがる製品やサービスに繋がる取り組みを複数進めているという。

 例えば、同社の「as-a-Service」ブランドである「APEX」の製品「Project Alpine」は、同社のファイル/ブロック/オブジェクト管理ソフトウェアを、パブリッククラウド上でサービスとして利用できるようにするものだ。Project Alpineを使えば、オンプレミス環境を含むさまざまな場所に分散したストレージを、横断的に利用するアプリケーションが可能になる。この製品が発表されたのは1月のことだ。

 「Project Alpineの面白いところは、Dellはストレージを得意としているが、AmazonやGoogle、VMwareのプロプライエタリなサービスの中で、いくらストレージを提供してインスタンス化しても、それらのシステムを1つのマルチクラウド環境に統合することはできないという考えに基づいていることだ」とRoese氏は言う。

 「Alpineは、もしストレージレイヤーが本当に水平的だったら、もしDellが各サービスと互換性のあるストレージを提供したらどうなるかを提示している」と同氏は語った。ただしこれは緊張を生み出す。クラウドプロバイダー自体も含めて、「ストレージを商売にしている立場の企業」が数多く存在するためだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]