イオン銀行、「DXハガキ」活用で取得可能なマイナポイントを分かりやすく提示

NO BUDGET

2022-10-07 11:17

 イオン銀行は「マイナポイント第2弾」で実施した公金受取口座の登録などにおいて、個人ごとに異なる複雑な条件をスマートフォンの画面上で分かりやすく提示するサービス「DXハガキ」を採用した。トッパン・フォームズが発表した。

キャプション
DXハガキのサービスイメージ(全体)

 DXハガキは、トッパン・フォームズの子会社であるlivepassが提供するリッチコンテンツサービス。スマートフォンに音声案内やアニメーション、シミュレーションを組み込むこんだメッセージを送ることができる。これにより動的に分かりやすく情報を伝えたり、キャンペーンなどの訴求効果を高めたりできる。紙のダイレクトメッセージ(QRコード)やSMS、+メッセージ、Eメールなど、さまざまなメディアで画像のURLを配信でき、アクセス状況をリアルタイムに確認可能で効果を可視化できる。

顧客が条件を選択するだけで、取得ポイントを表示
顧客が条件を選択するだけで、取得ポイントを表示

 今回イオン銀行は、同行のマイナポイント特設サイトでDXハガキを活用した。「マイナポイント第2弾」では、マイナポイント申し込みの有無や既に申し込みされた決済サービスの使用条件により取得できるポイント数が異なる。そのため、顧客が取得できるポイントが直感的に分かるように、ボタンを選択するだけで取得可能なポイントを把握する仕組みを、9月末までの特設サイト内にDXハガキを活用して構築した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]