編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

オリックス・ビジネスセンター沖縄、業務デジタル化基盤を刷新--現場主体で業務アプリを開発

NO BUDGET

2022-10-07 16:47

 オリックス・ビジネスセンター沖縄は、業務のデジタル化を支援するクラウドサービス「SmartDB」を導入した。ドリーム・アーツが10月6日に発表した。

 オリックス・ビジネスセンター沖縄はこれまで、ワークフローが伴う申請業務では業務変更に合わせた改修が必要になるため、知識のある特定の担当者に依存する状態になっていた。また、複数の業務アプリ間で共通したマスターを関連付けることができず、人事情報などのマスターデータが散在していた。

 さらにバックオフィスで長年利用していた「Notes」の廃止が迫っており、業務デジタル化基盤の刷新が急務となっていた。そこで、Notesの移行において、バックオフィス部門の業務担当者が自ら業務アプリを開発できる点を最重視し、ツールの選定を進めた。

 その後、ノーコード/ローコード開発で幅広い業務を内製化できることや改修やメンテナンスを現場主体でスピーディーに対応できること、また高度なワークフロー機能で複雑な申請・承認プロセスに対応できることなどを要件として選定したところ、それを満たすツールとしてSmartDBを評価し、導入を決定した。

NotesからSmartDBに移行する帳票例
NotesからSmartDBに移行する帳票例

 導入後は総務部主体で開発を進め、10月から「証明書発行申請」「車両通勤申請」などで業務アプリの利用を開始し、2023年3月までに全25種類の帳票をSmartDBに移行する予定だ。

 今後、導入以前の課題となっていた属人的な開発環境やマスターデータの関連付けの問題をSmartDBによって解決していくとともに、業務改善マインドを持つデジタル人材の育成にも役立てていくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]