がん研有明病院、デジタル病理画像向けのストレージ基盤を刷新--容量を6倍に増強

NO BUDGET

2022-10-12 16:24

 がん研究会 有明病院(がん研有明病院)はデジタル病理画像向けのストレージ基盤として「Dell PowerScale」を採用した。デル・テクノロジーズが10月11日に発表した。

 従来のオンラインストレージの容量が100TBだったのに対し、今回の導入で600TBの実効容量を確保し、約1PBのテープライブラリー装置を撤去する目途をつけることができた。また以前は過去データの参照に5分程度を要する上に、1度の作業で1つのデータしか読み出せなかったが、現在では、何人同時にアクセスしたとしても、数秒で必要な画像を参照することができるという。

システム構成イメージ
システム構成イメージ

 PowerScaleについて同病院は、ノードを追加するだけで性能と容量をリニアにスケールさせられること、大量の大容量データをワンボリュームで管理できること、海外医療機関での導入実績も豊富であることを評価し、検証を行った。検証では、PowerScaleに保存した動画ファイルを再生しながら、アクセス中のディスクを不意に何本か抜いたり、ノードの電源をダウンさせる操作を行った。その結果、全く動作が変わることがなかったため採用に至った。

 PowerScaleは、RAIDなどを用いる一般的なストレージと異なり、複数のノード間をまたいだ分散ファイルシステムによってデータを保護する。たとえ1つのノードが完全に故障したとしても、データ損失やサービス停止は発生しない。さらに構成条件を満たせば最大4ノード同時障害にも対応することが可能だ。

 また、PowerScaleのクラウド連携機能「CloudPools」を用いることで、パブリッククラウドと組み合わせた自動階層化を実現できる。そのため今後はハイブリッドな構成の検討も含めた柔軟な拡張もスムーズに進めることが可能だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]