MS、「Teams Premium」を発表--高度なAI機能やセキュリティ機能を追加

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2022-10-13 12:42

 Microsoftは、「Teams Premium」と呼ばれる新たなサブスクリプションのプレビュー版を12月に公開する計画を明らかにした。このサブスクリプションは、「Teams」のパーソナライゼーション、人工知能(AI)関連機能、およびセキュリティ機能を強化するものだ。また、かねて公開予定だったTeams用の「Mesh」アバターをプライベートプレビュー版として提供開始したことを「Ignite 2022」カンファレンスで発表した。

Teamsのアバター
提供:Microsoft

 同社によれば、Teams Premiumには、1対1での面談、オンラインでの会合、タウンホール形式の集会、ウェビナーなど、あらゆる種類のミーティングの参加者や主催者にとって、興味深い機能が搭載されているという。

 これらの機能は、Teams Premiumのプレビュー版の一部として12月に提供が開始される。一般提供は2023年2月の予定だ(インテリジェント要約などの新たなAI機能は、2023年上半期に提供が開始される)。同社は現時点で、一般提供後のTeams Premiumの価格は、1ユーザー当たり10ドル(約1470円)になるとの見通しを示している。

 Teams Premiumには、次のような機能が搭載される予定だ。

  • ミーティングガイド:クライアントとの電話会議、ブレインストーミング、ヘルプデスクとの通話など、状況に応じた適切なミーティング環境の選択を支援する。IT管理者はこの機能のカスタマイズや管理が可能で、ミーティングの種類に適したオプションをあらかじめ用意できる。
  • ブランディング機能:カスタムのロゴ、ミーティングロビー用の背景、「Togetherモード」用のシーンなどを使って、ミーティングでの体験を自社ブランドでカスタマイズできる。
  • インテリジェント要約機能:個々のユーザーのニーズに合ったTeamsミーティングの要約が生成される。
  • AIによるアクションアイテムの生成:ミーティングの結果、行うべきアクションが自動的に提案される。
  • パーソナライズされたインサイト:録画されたミーティング内でユーザーの名前への言及や画面の共有、参加者の入退出といったイベントのタイミングが明示される。
  • インテリジェントな検索機能:文字起こしの検索機能が強化され、注目すべき発言者がハイライトされるなど、後でチェックすべきポイントが見つけやすくなる。
  • 字幕のリアルタイム翻訳:40種類の言語に対応。
  • 高度なミーティング保護機能:役員会議、財務に関する議論、製品販売計画の打ち合わせなど、機密性の高い会議をより安全に保護できるツールが提供される。たとえば、漏えいを防ぐために電子透かしを埋め込んだり、会議を録画できる人を制限したりするといった機能だ。「Microsoft 365 E5」のユーザーは、既存の「Microsoft Purview情報保護」の秘密度ラベルを利用して、適切なミーティング保護オプションを自動で適用できるようになる。
  • 高度なウェビナー機能:登録待ちリストや手動承認、自動リマインダーメール、主催者や発表者用の仮想控室、参加者に表示する内容を管理できる機能などが含まれる。
  • 高度な仮想アポイントメント機能:予約者はミーティング前にSMSでリマインダーを受け取ったり、モバイルからTeamsアプリをダウンロードすることなく、カスタマイズされたバーチャルでの面談に参加したりできる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]