マイクロソフト、「Notion」対抗の「Loop」アプリをプライベートプレビューに

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-10-17 14:25

 Microsoftは、1年前のカンファレンス「Ignite 2021」で「Loop」アプリを開発する計画を発表している。Loopは、コラボレーションアプリ「Notion」と真っ向から競合するものだ。同社は米国時間10月12日、Loopアプリがプライベートプレビューの段階に入っていることを明らかにした。

Loopのロゴ
提供:Microsoft

 MicrosoftはLoopについて、「チームが一緒になって考え、計画し、ものを作り、プロジェクトに共同で取り組む」ためのアプリケーションだと説明している。Loopは、「ワークスペース」「ページ」「コンポーネント」の3つの要素から構成されており、これらは「Microsoft 365」のさまざまなアプリケーション間で同期が保たれる。

 Loopはスタンドアローンのアプリ(キャンバス)としても利用でき、「Outlook」「Teams」「OneNote」「Whiteboard」などのMicrosoftのアプリに組み込まれた埋め込み型コンポーネントの形でも利用できる。

 先週開催された「Ignite 2022」では、既存のLoopコンポーネントのアップデート内容や、新しいタイプのLoopコンポーネントが発表された。ユーザーは、ウェブ版のWord文書に、投票フォーム、チェックリスト、タスクリストのコンポーネントを挿入できるようになる。これらのコンポーネントは、Loopコンポーネントの挿入メニューや、「Microsoft Editor」の「Context IQ」で「@」を入力することで挿入できる。この機能は、2022年末までにプライベートプレビューが始まる予定だ。

 また、既存のLoopコンポーネントをコピーして、TeamsのWhiteboardにペーストすることも可能になる(年末までに一般公開の予定)。

 新しいタイプのコンポーネントである投票コンポーネント(「Microsoft Forms」をベースにしたもの)は、ウェブ版のOutlookやWord上で調査フォームやクイズなどを作成し、それらをすべて同期された状態に保つものだ(年末までにプライベートプレビューを提供予定)。さらに、新しく導入される「Q&A」コンポーネントを使えば、ユーザーがウェブ版のOutlookでリアルタイムに質問に対する回答を募集することができる(年末までに一般公開の予定)。

 このほか、Loopコンポーネントのセキュリティレベルを設定できる機能や、Loopコンポーネント用のDLP(Data Loss Prevention)機能も導入される。これらの新しいセキュリティコンポーネント機能は、「Teams Chat」などのLoopコンポーネントで2022年末までに利用可能になるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]