海外コメンタリー

犯罪者の視点からセキュリティを強化する、グーグルの「レッドチーム」とは

Danny Palmer (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2022-10-31 06:30

 Googleは世界最大規模のテクノロジー/ソフトウェア企業であり、15万人を超える従業員と数十億規模のユーザーを抱えている。このため同社は、サイバー攻撃に狙われやすい組織となっている。

職場で働くGoogleの従業員
職場で働くGoogleの従業員
提供:Google

 同社は標的であることを認識しているため、自社への侵入を試みる役目を担うセキュリティ専門家チームを抱えている。同チームの目的は、悪意あるハッカーによってもたらされる可能性がある最新のサイバー脅威からGoogleとそのユーザーを保護するための力を得るというものだ。

 同社のレッドチームのテックリード兼マネージャーであるStefan Friedli氏は「同チームのミッションは詰まるところ、われわれのユーザーやGoogle自身、われわれのインフラにとってGoogleをより安全に、そしてよりセキュアにすることだ。そのためにわれわれは、Googleが実際にさらされている脅威や攻撃をシミュレートしている」と述べた。

 「レッドチーム」という言葉は軍事用語に由来しており、防衛側がどのような反応を示すかをテストするというシナリオにおいて、敵側の役割を担う専門のチームのことを指す。この言葉は情報セキュリティ分野でも用いられるようになり、現在ではサイバーセキュリティの保護を担当する「ブルーチーム」の防御力をテストするために、攻撃的なハッキング手法の使用を許されたチームを表す言葉になっている。

 Friedli氏は「われわれがやろうとしていること、そしてそもそもの理由は、われわれがどれほど迅速に物事を食い止められるかを評価するために、検知/対処チームにスパーリングパートナーを与えるというものだ」と述べた。

 そのためにレッドチームは、本物のハッキンググループが用いている戦術や手法を使い、彼らの行動をできる限り正確に再現しようと試みる。しかしこれには、創造性を発揮する必要もある。レッドチームに関するGoogle自身のミニドキュメンタリーによると、同チームは自社ネットワークに侵入するために、一定の勤続年数に達した複数の従業員に対してお祝いと称し、USB接続のプラズマボールを贈ったという。そのプラズマボールは職場のPCに接続されると、PCを感染端末に変え、同チームが「Google Glass」開発チームのセキュリティをテストするというミッションを続行するための入り口として機能するようになっていた。

 攻撃側のマインドセットを理解する上で、レッドチームは攻撃者の有している知識のみを用いて行動する必要がある。ネットワークへの侵入を試みる現実のハッカーが事前に知り得ないような、Googleのシステム運用に関する知識を活用するというのでは意味がないためだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]