企業決算

グーグル親会社Alphabetの決算、予想に届かず--広告収入が伸び悩む

Imad Khan (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-10-26 10:16

 Googleの親会社Alphabetは米国時間10月25日、予測を下回る第3四半期決算(9月30日締め)を発表した。同社は、インフレに陥った経済情勢と鈍化する広告収入に悩まされている。

Googleのキャンパス
提供:Stephen Shankland/CNET

 Alphabetの第3四半期の売上高は690億ドル、純利益は139億ドル(1株あたり1.06ドル)だった。Yahoo Financeの集計によると、アナリスト予想は売上高が706億ドル、1株あたり利益が1.25ドルだった。純利益は前年同期比で27%減少した。

 予測を下回る結果に終わったのは、同社の主要な収入源である広告が、変動する経済情勢のあおりを受けているためだ。米国の9月のインフレ率(消費者物価指数の上昇率)は8.2%で、米国外では50%以上という地域もあり、消費者の購買欲は低下している。広告収入は544億ドルで、前年同期比では2.5%増加したが、第2四半期からは3%減少した。なお、前年同期は、パンデミック禍の消費者需要に応えようと広告主が奮闘していた時期で、Googleの広告収入は前年同期比で69%も増加していた。

 Alphabetの業績が予測を下回るのは、これで3期連続だ。

 Googleは、第2四半期は雇用を継続したが、最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏は7月、雇用を縮小する方針を明らかにしていた。同社の従業員数は6~9月の間に1万2765人増加して、17万4014人から18万6779人になった。9月にサイバーセキュリティ企業Mandiantを買収したことが、その一因だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]