日立、製造業やインフラ系企業向けにクラウド型のDX支援サービス

NO BUDGET

2022-10-27 07:32

 日立製作所(日立)は、製造業や社会インフラ分野を中心とする企業向けに、デジタルトランスフォーメーション(DX)の構想策定から、迅速なデータ利活用基盤の設計・構築、セキュアな運用までをワンストップで支援する「Hitachi IoT Platform for industryクラウドサービス」を11月1日より提供開始する。

 同サービスは、日立の「Lumada」ソリューションの一つで、データの収集から蓄積・管理、継続的な活用までのデータマネジメントを推進するための基本機能をサービスプラットフォーム化し、選択可能な形で提供するフルマネージドなクラウドサービス。

製造業や社会インフラ分野におけるIoTデータ利活用の全体像
製造業や社会インフラ分野におけるIoTデータ利活用の全体像

 上流工程では、DXのプロフェッショナルである日立のデータサイエンティストやシステムエンジニアが、ユーザーの経営・業務課題を可視化し、その課題に対する解決策の提案やDX構想の策定を支援する。

 日立社内でのDXプロジェクトや顧客との協業で培ってきたユースケースやデータモデルのテンプレートを活用することで、最適なデータ利活用基盤を迅速に提案できる。

 例えば現場をデジタルツイン化する「IoTコンパス」では製造、研究、環境や調達などの分野でDXを実現するさまざまなユースケースがあり、これらのユースケースにおける画面サンプル、サンプルデータモデルなどを活用していく。そのうえでユーザーの新たな気付きやアイデアを促し、IoTコンパスに必要なデータモデルへと短期間で落とし込んでいく。

 また、データ利活用基盤の導入後も、データ品質を維持するライフサイクル管理やデータアクセスを制御するセキュリティ対策などデータマネジメント推進に必要なガイドラインの策定や体制構築を支援していく。

Hitachi IoT Platform for industryクラウドサービスのサービスメニュー
Hitachi IoT Platform for industryクラウドサービスのサービスメニュー

 データ利活用基盤は、データの「収集」「蓄積」「加工」「見える化」「API提供」などの基本機能ごとにサービスメニューを用意しており、必要なサービスを柔軟に選択することが可能だ。これにより、新規開発のコストや期間を抑えるとともに、導入後の拡張も容易に行うことができる。複雑なシステムを刷新する場合も、ユーザーの既存システムを生かしながら、新規の機能部分だけをセミオーダー式でミニマムに開発することが可能だ。

 さらに稼働監視やサービスデスクなどクラウド基盤の運用に必要なサービスをワンストップで提供でき、運用効率化を支援できる。このためユーザーはデータ分析やアプリケーション開発に注力することを可能となる。

 同サービスの利用価格は個別見積もり。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]