「LibreOffice」を快適に

「LibreOffice」でファイル保存形式を「MS Office」形式にするには

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2022-10-31 07:45

 「LibreOffice」は、筆者が長年愛用しているオフィススイートだ。ほかのどんなソリューションにも引けを取らない機能性と自分のニーズに対応できる柔軟性を備えているといつも感じている。

 正直に言って、筆者はこのオープンソースのオフィススイートで使用されるデフォルトのファイル形式の方が好みである。それらのファイル形式(文書ドキュメント用のODTなど)は、OpenDocument形式に準拠している。つまり、多くの一般的なアプリケーションで広く受け入れられている。

 だからといって、このデフォルトのファイル形式がすべてのユーザーにとって最適な選択肢であるとは限らない。

 「Microsoft Office」を使用しているユーザーと定期的に共同作業をする(または、そうしたユーザーにファイルを送信する必要がある)人は、相手がLibreOfficeファイルを開けない、または、どのように扱えばいいのか分かっていない、という状況に遭遇したことがあるかもしれない。

 幸い、LibreOfficeは柔軟性に優れているので、デフォルトのファイル保存形式を、DOCXやXLSXといったMicrosoft Officeの形式に設定することが可能だ。

 Microsoft OfficeはLibreOfficeのファイル形式を開くことができるが、これらのファイル形式は普及率という点でMicrosoft Officeに大きく劣る。LibreOfficeの形式はオープン標準への準拠という点で優れているが、オープン形式を他者に受け入れてもらう試みは徒労に終わることもある。

 そうした試みを成功させようと努力するよりも、LibreOfficeのデフォルトをMicrosoft Officeのデフォルトに合わせる方が楽な場合も多い。これを実行すれば、ファイルの共有がより簡単になる。また、単純に、ほとんどの人はMicrosoft Officeの形式に強い親しみを感じている。

LibreOfficeのデフォルトをMicrosoft Officeのファイル形式にする方法

 それでは、デフォルトのファイル保存形式を変更してみよう。

必要なもの

 必要なのは、インストール済みのLibreOfficeだけだ。LibreOfficeは「Linux」「macOS」「Windows」にインストールできる。ほかに必要なものは何もない。

1. LibreOfficeの設定を開く

 最初に、LibreOfficeを開く。ここでは、「LibreOffice Writer」を開くことをお薦めする。このアプリケーションから極めて簡単にメニュー構造にアクセスできるからだ。Writerを開いたら、「Tools」(ツール)>「Options」(オプション)の順にクリックする。

2. デフォルトのファイル形式を変更する

 「Options」(オプション)のウィンドウで、「Load/Save」(読み込みと保存)の項目を展開して、「General」(全般)をクリックする。

 「Default File Format and ODF Settings」(標準のファイル形式とODF設定)の下に3種類のドロップダウンがある。まず、「Document Type」(ドキュメントの種類)のドロップダウンから「Text document」(文書ドキュメント)を選択する。次に、「Always Save As」(常に次の形式で保存)のドロップダウンから「Word 2007-365 (*.docs)」を選択する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]