インテル、第3四半期は予想を上回る利益--通期の業績見通しは下方修正

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2022-10-28 12:01

 懐疑的な投資家から数カ月にわたって批判されてきたIntelだが、米国時間10月27日に予想を上回る利益を発表したことから、同社の株価は時間外取引で上昇した。だが、困難な経済環境の中で通期の業績見通しを下方修正したため、状況は厳しい。

IntelのCEO、Pat Gelsinger氏
Intelの最高経営責任者(CEO)、Pat Gelsinger氏
提供:Stephen Shankland/CNET

 Intelが発表した第3四半期の純利益は、前年同期比85%減の10億ドル(1株当たり25セント)だった。株式報酬や事業構造改革費用などの項目を調整した後の利益は1株当たり59セントとなり、Yahooが調査したアナリスト予想の32セントを大幅に上回った。売上高は、予想の152億ドルに近い153億ドルだった。

 最高経営責任者(CEO)のPat Gelsinger氏は、「経済状況の悪化」に言及した上で、それを受けてコスト削減を進めており、2023年に30億ドル、2025年までに年間80億〜100億ドルの支出を削減すると述べた。そこにはレイオフも含まれる、と同氏は決算に関する電話会見中に語った。

 同社は、売上高の通期見通しを630億〜640億ドルに下方修正した。第2四半期の深刻な業績悪化を発表した8月からさらに20億〜40億ドルの引き下げだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]