編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ブリヂストンとトッパン・フォームズ、タイヤ実装型RFIDタグの共同開発に着手

ZDNet Japan Staff

2022-10-28 16:10

 ブリヂストンとトッパン・フォームズは10月28日、タイヤ用の次世代RFIDタグの早期実用化に向けて、実装技術の共同開発を開始すると発表した。個々のタイヤの生産日時や工場検査情報、出荷日時、車両への装着日時、各種点検情報などを容易に取得、管理できるようになるという。

 これまで両社は、ブリヂストンのタイヤ開発・製造技術とトッパン・フォームズのRFID技術を組み合わせたタイヤへの非接触型個体管理技術の適用を検討してきた。現状は、輸送業者やタイヤ販売店などの現場でのタイヤの個体管理を1本ごとに目視で行い、トラックなどのタイヤを確認するには、担当者が車両の下に潜り込んだり、タイヤを取り外したりするなど作業負担が大きいという。

 共同開発では、通信性能を大きく向上させて既存技術では困難な離れた位置から正確なデータの読み取り、システムへの接続を可能にするRFIDタグをタイヤに実装できるようにする。これにより上述の課題解決による作業時間の短縮、安全性や作業性の大幅な改善を図れるとする。

イメージ
イメージ

 また、タイヤ1本ごとの走行距離、メンテナンス履歴などの情報をRFID経由で取得してタイヤの保守管理を最適化し、安全かつ長期的な利用、省資源型運転を支援することにより、温室効果ガスの排出削減や再資源可能材料の活用なども推進できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]