編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

パナソニック ホームズ、「Anaplan」を採用--管理業務のスピードアップを実現

NO BUDGET

2022-10-31 07:32

 パナソニック ホームズは、経営管理システムにSaaS型プラン二ングプラットフォーム「Anaplan」を採用した。Anaplan Japanが発表した。

 パナソニック ホームズは今回の導入で、事業計画策定に関わる経理スタッフの労働時間を年間2000時間削減することに成功した。

 同社は住宅総合メーカーとして、戸建住宅・賃貸集合住宅などの建築工事、リフォーム工事の請負および施工のほか、分譲用土地・建物およびマンションの販売、不動産の仲介・賃貸管理、工業化住宅のシステム部材の製造および販売などを行っている。また台湾、マレーシア、インドネシア、ニュージーランドなど海外でも事業を展開している。

Anaplanを活用した経営管理システムの流れ
Anaplanを活用した経営管理システムの流れ

 Anaplanは、SaaS型のプラン二ングプラットフォームで、独自のHyperblockテクノロジーによって、リアルタイムに経営パフォーマンスを分析し、将来の結果を予測できるようにする。

 パナソニック ホームズは、新たな管理会計の基盤としてAnaplanを活用している。全国の支社、国内外の連結子会社及び持分法適用会社から届く計画データの処理を高速化させ、データの可視化と処理の省力化の問題を同時に解決した。

 今回の導入で、損益計算書(P/L)を作成するだけで貸借対照表(B/S)、キャッシュフロー計算書(C/F)、資金繰り表を自動的に作成することも可能になった。また社員がB/Sを意識しながら事業活動を行うことができるようになったため、滞留在庫が削減されるなどの効果も表れているという。

 同社では、今後、Anaplanによって構築した「経営管理システム」を毎月実施している予測収支管理に展開し、実績情報と合わせながら経営管理サイクルを高速で回転させる仕組みを構築していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]