編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

「Windows 11」プレビュー版、テザリング有効化をPC側で可能に

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2022-10-31 12:10

 Microsoftは米国時間10月27日、「Windows 11 Insider Preview Build 25231」をDevチャネルで公開した。追加された新機能の1つとして、スマートフォンの設定をいじらなくてもPCでテザリングを利用できるようになった。

Windows 11
提供:Microsoft

 この新機能は、Windows 11搭載PCをスマートフォンに接続する「Phone Link(スマートフォン連携)」(旧「スマホ同期」)アプリを通じて提供される。移動中、スマートフォンのインターネット接続に急いでアクセスする必要がある場合に役立つはずだ。

 スマートフォンが圏内にあれば、PCの利用可能なWi-Fiネットワークリストにそのスマートフォンが表示される。1回クリックすれば、スマートフォンのホットスポットが有効になり、PCがつながる。

 この新機能は、「iPhone」を介してインターネットに接続できる「macOS」の「Instant Hotspot」機能に似ている。

 今のところ、この機能が使えるのは「One UI 4.1.1以降を搭載したサムスン製端末だけだが、Microsoftは通常、Phone Linkの機能を他社製のAndroid端末にも徐々に広げている。

 「パスワードを覚えて入力したり、スマートフォンでホットスポットの設定を探したりする必要はもうない。この機能は、外出先で繰り返しホットスポットに接続するための、容易で迅速な方法を提供する」とMicrosoftは発表の中で述べた。

 新機能を利用するには、Windows 11の「バージョン22H2」(ビルド22621)以降を搭載したPCと、PC向けアプリPhone Linkのバージョン1.22082.111.0以降が必要だ。サムスン製端末にプレインストールされているスマートフォン向けアプリ「Windowsにリンク」は、「バージョン1.22082.142.0」以降でなければならない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]