パナソニックが増収赤字--Blue Yonder事業に暗雲か、再成長の備えか

大河原克行

2022-11-01 09:56

 パナソニックホールディングスは10月31日、2022年度上期(2022年4~9月)連結業績を発表した。法人顧客向けビジネス(BtoB)ソリューションやPC事業などを行うパナソニックコネクトの業績は、売上高が前年同期比22%増の5179億円の増収だったが、調整後営業利益は220億円減の96億円の赤字に転落した。また、第2四半期(2022年7~9月)業績は、売上高が同28%増の2731億円、調整後営業利益は56億円減の3億円の赤字で、いずれも増収赤字の決算となっている。

パナソニックホールディングスの2022年度上期連結業績における営業利益の増減要因分析
パナソニックホールディングスの2022年度上期連結業績における営業利益の増減要因分析

 パナソニックホールディングス 代表取締役 副社長執行役員 グループCFO(最高税務責任者)の梅田博和氏は、当期について「PCやスマートフォン分野の投資減速の影響を受けたプロセスオートメーション、東京五輪以降に需要が低迷した現場ソリューションが販売減だった。一方で、海外向けの堅牢なモバイル端末、航空市場回復によるアビオニクスの増販に加え、Blue Yonderの連結化の影響もあり増収だった。減益要因はBlue Yonder買収に伴う無形資産償却費などの影響」と説明した。

パナソニックホールディングス 代表取締役 副社長執行役員 グループCFOの梅田博和氏
パナソニックホールディングス 代表取締役 副社長執行役員 グループCFOの梅田博和氏

 だが、今決算で気になるのが、サプライチェーンビジネスを行うBlue Yonderの失速ぶりだ。Blue Yonderの2022年度第2四半期の売上高は、前年同期比8%増の3億1000万ドルだったものの、一時費用などの影響でマイナス66億円を計上し、赤字決算となっている。

 赤字決算の内容は無形資産償却などの影響が大きいが、それ以外にもマイナス要素が幾つか出ている。梅田氏は、「Blue Yonderの赤字は、買収に伴う無形資産償却費の計上などがある。無形資産の償却をドル換算するため、その影響額が大きい」と前置きしつつも、「景気の減速懸念に伴う顧客の投資判断の先送り、ドル高の影響も外部環境の悪化につながり、SaaS開発投資の加速も影響している」と語る。

 さらに梅田氏は、ここに来てもう一段階の構造改革を進めていることも明かした。「赤字は再度経営体質を作り上げる一時的な構造改革費用が入っているのが理由だ。2022年7月に迎えた新CEO(Duncan Angove氏)の基で、強固な組織体制の確立、顧客体験の向上などの重点戦略を設定し、さらなる成長に向けた変革を推進している」とした。

 Blue YonderのCEO(最高経営責任者)には、7月にInfor社長などを務めたAngove氏が就任し、8月の来日時には「これまでの経験の中心はイノベーションであり、Blue Yonderの変革をリードしていく」と述べていた。パナソニックホールディングス グループCEOの楠見雄規氏も、「サプライチェーン分野でパナソニックが唯一無二の会社になるためにも、Blue Yonderの発展は欠かせない。Angove氏に大きな期待をしている」と述べてた。

Blue Yonder CEOのDuncan Angove氏
Blue Yonder CEOのDuncan Angove氏

 梅田氏は、「新CEOから見て、ネイティブSaaS事業の加速には、営業部門の質の転換が必要だと考えたようだ。また、新たな目で見ると、間接部門がダブついて見える。経営体質の強化に集中する方針を打ち出しており、今がタイミング」と語った。

 その他にBlue Yonderに関する経営指標を見ると、SaaS ARR(Annual Recurring Revenue)は5億5200万ドル、リカーリング率は68.4%、SaaS売上比率は41.1%、SaaS NRR(Net Revenue Retention)は107%となっている。売上高やSaaS ARR、SaaS売上比率は上昇しており、Blue Yonderが目指すSaaSビジネスへの転換が進んでいるものの、リカーリング率は前年同期に比べて0.6ポイント減少し、SaaS NRRが12ポイント減少するなど、一部指標で減少が見られる。

Blue Yonderの経営指標
Blue Yonderの経営指標

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]