ホワイトハウス、ランサムウェア対策を議論するサミットを開催

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-11-02 10:25

 ホワイトハウスは、数十カ国とビッグテック企業の代表者を招いて、世界的なランサムウェアの問題への対処法を議論する、2日間のサミットを開催した。

キーボードに入力する手
提供:Getty Images

 「周知のとおり、コスタリカ、モンテネグロ、Bank of Zambia(ザンビアの中央銀行)、イタリアのパレルモ市といった政府ネットワークへの攻撃を考えると、これは世界的な問題である。ランサムウェア攻撃は、われわれの回復力と、攻撃を阻止する取り組みを上回るペースで頻度が増加し、巧妙化している」と、政権高官は述べ、アイルランドの公営医療サービス(PHS)から米国の病院にいたるまでのさまざまな医療機関が攻撃されていることを指摘した。

  Associated Pressによると、同サミットには、Crowdstrike、Mandiant、Cyber Threat Alliance、Microsoft、Cybersecurity Coalition、 Palo Alto Networks、Flexxon、SAP、Institute for Security and Technology、Siemens、Internet 2.0、Tata Consultancy Services(TCS)、Telefonicaなどの企業が参加したという。

 ランサムウェアについて議論するこの「International Counter Ransomware Initiative Summit」は、2021年に続いて今回が2度目の開催だ。2021年のサミットには、民間企業は招待されていなかった。

 ホワイトハウス高官らは、ロシアに関する質問に答えた。ロシアは、同サミットに招待されていなかったが、ランサムウェア集団の拠点の1つだ。しかし高官らは、これは「ロシアの問題というよりもわれわれの問題であり、国家間で、ランサムウェア攻撃をより困難で、コストとリスクの高いものにする必要がある」と述べた。

 またランサムウェアの増加は、仮想通貨に密接に関連しているとし、仮想通貨によって国境をまたいで資金を移動しやすくなったことが、ランサムウェアの「急増」につながっているとした。

 「これは国境なき脅威であり、国を超えてこれに対処しなければならない」「われわれは、DPRK(北朝鮮)に関連する巨額のマネーロンダリングなどに携わった、最大規模の仮想通貨ミキサーの1つを特定した」と、ホワイトハウス高官らは述べた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]