海外コメンタリー

エクスペディアの屋台骨を支える人工知能・機械学習モデル

Sabrina Ortiz (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2022-11-09 06:30

 旅行の予定を立てるためにウェブで検索をした経験があるのであれば、Expediaのウェブサイトにアクセスしたこともあるはずだ。この旅行サイトは旅のお勧め情報や、賢いショッピング、価格の比較といった、最もお得な情報を得るための有益なツールを提供している。ただ、こういったお勧め情報が人の手によるものではないと知るとショックを受けるかもしれない。

海辺のバルコニーでノートPCを開く人
提供:Erika Cristina Manno/Shutterstock

 Expedia Groupの最高技術責任者(CTO)Rathi Murthy氏は「旅行者に洞察を提供するのか、旅行者のニーズとパートナー企業のニーズの双方を考慮しながら、パーソナライズしたより良いエクスペリエンスを追求するのかにかかわらず、われわれの検索や分類のほか、搾取行為の検出やリスクの回避に至るまでのありとあらゆる物事に人工知能(AI)と機械学習(ML)を活用している」と述べた。

 同社は、AI駆動のアルゴリズムを採用したことで、旅行者の好みを人間よりも詳しく把握できるようになったとしている。

 Murthy氏は「われわれのアルゴリズムができる物事を人の目で見抜いていくには、あまりにも複雑な部分が多い」と述べ、「われわれのモデルは、旅行者サイドとパートナー企業サイドに存在する多くのささいなシグナルを捕捉できる」と続けた。

 Expediaのプラットフォームは、年間で6000億件を超えるAI予測を処理しており、その力の源は70ペタバイトものデータとなっている。この莫大なデータ量を別の物差しで実感してもらうために、1ペタバイトのデータは背の高いファイルキャビネット2000万台に収納された書類に相当するというTeradataの表現を引用しておきたい。

 Expediaが個人の嗜好(しこう)を学習するための元データは、顧客のプロフィールと顧客の好みであるのはもちろんだが、最も重視されているのは顧客の行動パターンだ。同社は、お勧めの精度と有効性を最大限に高める上でサプライヤーサイドからのデータも使用している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]