長野県とエプソン、AIを活用した畜産振興に向け連携協定を締結

NO BUDGET

2022-11-02 16:55

 長野県とセイコーエプソン(エプソン)は、人工知能(AI)を活用した家畜の健康管理技術の開発・普及など、畜産業の生産性向上に向けた連携協定を締結した。

 エプソンが保有する分光・慣性計測ユニット(IMU)・地球測位システム(GPS)・生体計測などの独自のセンシング、認識・分析、AI技術と、長野県畜産試験場が牛に関する試験研究を通じて得た飼養管理、分析、健康・疾病診断技術の連携により、畜産業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していく。

DXの推進による畜産業の生産性向上
DXの推進による畜産業の生産性向上

 2022年度の取り組みでは、AIによるボディーコンディションスコア(BCS)の画像判定やAIによる飼料成分の迅速判定などを進める。

 BCSは、牛体への脂肪の付き具合を目視によりスコア1(痩せすぎ)から5(太りすぎ)までに区分する技術で、BCSは3.0から3.5までが適正とされ、3.75以上では牛の健康に問題となりやすい。現状のBCS判定は熟練した技術者の目視判定に頼っているため、ばらつきが発生している。これに対しBCSを画像からAIが判定するシステムを開発し、経験の浅い技術者や農家でも簡単に客観的なBCSが測定できるようにする。

 また牛の体重や健康維持に重要な飼料成分分析には多くのデータを活用するため時間がかかる上に、飼料給与量の計算には専門知識が必須となる。これに対し、飼料を撮影し、画像の波長分析から飼料成分を推定できるシステムを構築する。これにより経験の浅い技術者や農家でも成分分析を迅速かつ低コストで実施できるようにする。

 なお2023年度以降の共同研究の方向性として、牛群ドックと飼料分析の連携、最終生産物も含めたDX化、牛の個体識別の研究、牛の体に装着できる脈拍や活動量計、体温計の研究が挙げられている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]