海外コメンタリー

「コンピューティングパワーは不足しつつある」--IBMの答えはAI向け新チップ「AIU」

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-11-08 06:30

 最近の話題の過熱ぶりを見ると、まるで人工知能(AI)があらゆるところにすでに入り込んでいるかのようだ。だが現実には、AIを支える技術はまだ発展途上の段階にある。実際、多くのAIの応用事例では、AI用に設計されたチップではなく、汎用のCPUやゲーム用に設計されたGPUが使用されている。IBM、Intel、Googleなどの大手IT企業や、スタートアップやベンチャーキャピタルが、AIワークロード用の新しいチップの設計に慌ただしく投資しているのは、このミスマッチを解消するためだ。

IBMのArtificial Intelligence Unit
提供:IBM

 この分野に対する企業の投資は、技術が向上するに従って確実に増えていくとみられている。Gartnerによれば、2021年のAIチップ市場の総売上高は340億ドル(約5兆円)以上に達しており、2026年には860億ドル(約13兆円)規模にまで拡大するという。さらに同社は、データセンターに置かれているサーバーのうちAIワークロード用のアクセラレーターを備えているのは、2020年時点で3%未満だったが、2026年には15%以上になると予想している。

 このような状況の中、IBM Researchは、AIに特化したプロトタイプチップである「Artificial Intelligence Unit」(AIU)を発表した

 IBMは、AIUに関するプレスリリースで、「コンピューティングパワーは不足しつつある。これは、AIモデルの規模が指数関数的に大規模化している一方で、そうした巨大なモデルをトレーニングし、クラウドのサーバーやスマートフォンやセンサーなどのエッジデバイスで実行するためのハードウェアの進歩が、その勢いについて行けていないからだ」と述べている。

 AIUは、IBM ResearchのAI Hardware Centerが開発した、エンタープライズAIの深層学習モデルの実行に特化して設計された、初めての完全なSoC(システムオンチップ)だ。

 IBMは、「従来のコンピューティングの処理装置」(つまりCPU)は、深層学習が登場する前に設計されたものだと指摘している。CPUは汎用のアプリケーションには向いているが、超並列処理が必要な深層学習モデルのトレーニングや実装にはあまり向いていない。

 IBM ResearchのAIコンピューティング担当ディレクターであるJeff Burns氏は、米ZDNetの取材に対して、「AIが今後、非常に長期間にわたって、ITソリューションの原動力となることは確実だ」と述べた。「AIは、コンピューティングを取り巻く環境や、こうした複雑な企業のITインフラやソリューションに、非常に広く拡散した形で浸透していくだろう」

 Burns氏は、IBMにとって最も合理的なのは、普遍的に効果を発揮できる完全なソリューションを構築することであり、それができれば、「これらの機能をさまざまなコンピューティングプラットフォームに組み込み、企業のAIに対する非常に幅広い要求に対応することができる」と話した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]