商船三井、基幹システムを「SAP S/4HANA Cloud」に刷新--会計分野の業務改革に

寺島菜央 (編集部)

2022-11-04 15:25

 商船三井は、財務・経理業務にクラウド統合基幹業務システム(ERP)「SAP S/4HANA Cloud」を導入した。同システムを提供するSAPジャパンが11月4日に発表した。

 商船三井は、2022年度経営計画「Rolling Plan 2022」に向け、3つの事業戦略(ポートフォリオ戦略、環境戦略、地域戦略)と組織の力の向上・働き方改革を支える基盤としてデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進している。今回のSAP S/4HANA Cloudの導入は、会計分野における柔軟な業務改革に対応することを狙いとしている。

 同社は、4月4日に同システムの本稼働を全システムで開始している。基幹システムをSAPのクラウドERPで構築したことにより、業務の標準化と価値の高い業務へのシフトを実現し、今後の社会の変化に対して柔軟かつ迅速な対応が可能になったと説明した。

 導入には、標準機能に業務を適合させるアプローチである「Fit to Standard」手法を活用し、アドオンを極小化することで、シンプルな業務プロセスと柔軟なITシステムを実現し、本稼働直後においてもシステムを安定して稼働できたという。また、4月に発足した商船三井ドライバルクも同システムを採用し、コロナ禍においても短期間で本稼働を実現した。

 商船三井と商船三井ドライバルクは、刷新したシステムを含む基幹システムをDX推進の基盤とし、両社が蓄積した船舶・運航データとの相互活用により、温室効果ガス(GHG)排出への対応など、さまざまな社会課題と経営全般の課題解決にデジタル技術を取り入れる施策を加速させるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]