オフィスで在宅メンバーとハイタッチ--日建設計らが目指す、空間を超えたふれあい

大場みのり (編集部)

2022-11-11 07:00

 日建設計とホロラボは11月10日、仮想空間と現実空間が融合した職場「Cyber-Physical Workplace」(CPW)の実現に向けて、複合現実(MR)のプロトタイプアプリケーションを開発したと発表した。発表に伴い同日、報道関係者向けに同アプリケーションの体験イベントを開催した。

 同アプリケーションにより、在宅勤務をしている従業員(在宅ワーカー)は、仮想現実(VR)デバイスを通してオフィスを模した仮想空間に入り、オフィスワーカーのアバターと交流できる。一方オフィスワーカーは、拡張現実(AR)デバイスを通して、現実空間に投影された在宅ワーカーのアバターと関われる。

CPWの仕組み(出典:日建設計) CPWの仕組み(出典:日建設計)
※クリックすると拡大画像が見られます

 オフィスでは天井にIoTセンサーを設置することで、在宅ワーカーにオフィスワーカーの位置や数などを伝える。プロトタイプ環境でのアバターの見た目は同じであるため、現在はIDを割り振って判別を促しているが、技術的には参加者の名前を載せることも可能だという。

 同アプリケーションでは、ARデバイスを装着してコミュニケーションに参加しているオフィスワーカーは青色、それ以外の従業員は透き通った色で表示される。「オフィスにいるメンバー全員の名前や位置は、おそらく必要ない情報。その場でのコミュニケーションに必要でない情報は制限している」とホロラボの担当者は情報の取捨選択に関するこだわりを語った。

 利用シーンに関しては、チーム内での会議や従業員同士の雑談を想定している。将来的にはコンテンツの共有機能などを搭載し、プレゼンテーションなどにも活用することを目指している。

在宅ワーカーのデバイスから見える仮想オフィスとオフィスワーカーのアバター(左)とオフィスワーカーから見える在宅ワーカーのアバター(右)(出典:日建設計)
在宅ワーカーのデバイスから見える仮想オフィスとオフィスワーカーのアバター(左)とオフィスワーカーから見える在宅ワーカーのアバター(右)(出典:日建設計)

 体験イベントでは、在宅ワーカー用のスペースも設置され、在宅とオフィス双方の立場からアプリケーションを体験できた。アバターはシンプルだが指の関節がしっかりと再現されており、言葉でのコミュニケーションのほか、握手やハイタッチ、じゃんけんも可能だった。在宅時は専用のコントローラーを使い、自宅の中を実際に動くことなく仮想オフィスを自由に回ることができる。

 一方、IDが割り振られているとはいえ、皆同じ見た目のアバターなので、参加者が複数だとアバターだけでは人を判別するのが困難だった。また、コミュニケーションに重きを置いたアプリケーションとはいえ、アバターはユーザーの分身であるため、複数のアバターのデザインからユーザー自身に合うものを選べるのが望ましいだろう。

オフィスワーカーとして在宅ワーカーとハイタッチしている様子(写真提供:日建設計)
オフィスワーカーとして在宅ワーカーとハイタッチしている様子(写真提供:日建設計)

 同アプリケーションでは、さまざまな情報を付与した建築モデルをコンピューター上に作るシステム「BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)」を活用して、オフィスの空間を再現している。ゲーム用のマルチプレーヤーエンジンも搭載し、在宅/オフィスワーカーの円滑なやりとりを可能にしている。

 日建設計ではコロナ禍を契機に多くの従業員がテレワークをしており、メリットがある一方、「孤独を感じる」という声が挙がっているそうだ。デジタル推進グループ デジタルソリューションラボの光田祐介氏は「こうした課題をテクノロジーでカバーできないかと思い、開発に至った」と説明。また、建築物の設計・監理などを行い、時代に求められる職場をデザインしてきたという同社は、デジタルを活用して場所にとらわれずに働く最近の動きに対応する必要性を感じていた。この取り組みにおいてホロラボは、技術面でアプリケーションの開発を支援している。

 光田氏は「体に障がいがある人や家族の介護などで自宅から離れられない人は、このアプリケーションにより移動を伴わずに働くことができるのではないか」とインクルーシブの促進にも期待を寄せる。

 日建設計は2022年8月9日に自社で有志を募り、実証実験を実施。参加者からは、「テレワーク時の孤独感が軽減した」「アバターの表情も分かるといい」といった声が挙がったそうだ。今後は、同社の顧客にも体験してもらうことを考えている。アプリケーションをそのまま外販する予定はなく、仮想と現実の空間が融合したオフィスを希望する顧客がいたら開発を進めるといった道筋を描いているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]