マイクロソフトのナデラCEOが4年ぶり来日公演--日本の活性化を提言

國谷武史 (編集部)

2022-11-16 15:54

 日本マイクロソフトは11月16日、都内でビジネスカンファレンス「Empowering Japan’s Future」を開催し、米Microsoft 会長兼CEO(最高経営責任者)のSatya Nadella氏が基調講演を行った。同氏は、日本の活性化に必要だとするデジタルがもたらす6つの関心事を挙げ、それぞれにおける同社の取り組みを説明した。

米Microsoft 会長兼CEOのSatya Nadella氏
米Microsoft 会長兼CEOのSatya Nadella氏

 講演の冒頭でNadella氏は、同社が掲げる「世界中のあらゆる人々と組織をエンパワーする」というビジョン、そして、近年発している「Doing More, with less(より少ない資源でより多くのことを実現する)」というメッセージを紹介。このビジョン、メッセージに基づいて日本の活性化に寄与していくと述べつつ、それを実現するものとして、「Microsoft Cloud」を示した。

「Microsoft Cloud」
「Microsoft Cloud」

 これは、10月に開催された同社の年次カンファレンス「Microsoft Ignite」でも提示された。同社が注力する6つのソリューション領域「インフラストラクチャー」「デジタルとアプリケーションによる変革」「データとAI(人工知能)」「モダンワーク」「ビジネスアプリケーション」「セキュリティ」を「Microsoft Cloud」として提供することを示したものになる。

デジタルがもたらすという“関心事”
デジタルがもたらすという“関心事”

 Nadella氏は、この6つのソリューションにひも付くとするデジタルがもたらす6つの“関心事”として、「クラウドへの移行」「プラットフォームとしてのデータとAIモデルの統合」「融合する組織の強化」「労働力の再活性化」「より調和のある業務プロセス」「優先すべきセキュリティ」を提起し、それらは日本が活力を高めていくためのテーマであると述べる。講演では、それぞれの“関心事”を解き明かしつつ、同氏が感心したという日本の顧客事例を交えながら、同社ソリューションの意義を説明していった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]