編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

クリテオ、「リセラープログラム」にアッパーファネル向けの機能拡張

藤本和彦 (編集部)

2022-11-22 13:56

 コマースメディアプラットフォームを提供するCriteoは11月22日、マーケットプレイス型プラットフォーム事業者の収益性を向上させるソリューション「Criteo リセラープログラム」(CRP)の機能拡張を発表した。

 新たにアッパーファネル(認知や興味・関心を持ってもらう段階)向けのオーディエンス(サイト訪問者などのユーザー)をターゲティングする機能が追加され、プラットフォーム事業者および出店ブランド・企業・店舗(セラー)は、新規のユーザーにも広告を配信し、集客や購買を強化することができるようになる。

 CRPは、Criteoの提供するマーケティングテクノロジーを使って、ECモールをはじめとするマーケットプレイス型のプラットフォーム事業者が、自社の広告プラットフォームとして出店するセラーに対し、個別にターゲティング広告のキャンペーンを実施することを可能にするソリューション。

Criteo リセラープログラムについて
Criteo リセラープログラムについて

 従来は、一度プラットフォーム事業者のサイトを訪れたことのあるユーザーに対するリターゲティングキャンペーンの実施のみが可能だったが、今回の機能拡張によって、コマースに特化したCriteoのオーディエンスの中から、購買につながる見込みの高い新規ユーザーに対してターゲティングキャンペーンの実施が可能になる。Criteoが提供するコマースオーディエンス、類似オーディエンス、リスト配信などのオーディエンスターゲティングについては既に検証済みで、近日中にリリースする予定としている。

今回の機能拡張について
今回の機能拡張について

 クラウドファンディングサービス「Makuake」を展開するマクアケでは、3年前からCRPを活用し、今回新しく拡張されたオーディエンス機能も導入している。同社 コミュニケーション戦略本部/マーケティング部/プロジェクトグロースチームの栗岩洋平氏は次のように述べる。

 「Makuakeは新商品や新サービスに関するプロジェクトが掲載される中で、気に入った商品を予約販売の形で応援購入ができるオンラインプラットフォーム。以前から各プロジェクトの応援購入総額の最大化という点からCRPを導入し、他メディアと比較して安価なCPA(顧客獲得単価)で獲得ができている実績があるなど、確かなマーケティング効果を実感していた。今回の機能拡張が、Makuakeでプロジェクトを実施いただいている企業・店舗などにおいて、さらなる新規ユーザー獲得という目標のために、確かな一助となることを期待している」とコメントする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]