編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

H2Oリテイリング、一般従業員の経費精算時間を年間約2100時間削減

大場みのり (編集部)

2022-11-24 15:52

 関西を中心に百貨店やスーパーマーケットなどを展開するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは、グループ共通の間接費管理基盤として「SAP Concur」のソリューションを採用した。同ソリューションを提供するコンカーが11月24日に発表した。

 コロナ禍を契機に、間接業務分野だけでなくさまざまな分野でデジタル化が進んでいる。継続的に変化する環境下でも収益力を最大化し、成長を維持し続けるには、従来型ワークスタイルの変革による業務効率化とコスト削減を推進し、企業の根幹を支えるコア業務に従業員が注力できる環境を作ることが求められるという。

 H2Oリテイリングは、ITを活用したスマートな業務環境の実現と、ペーパーレスの徹底や重複の排除による効率化を進めている。同社は全社横断的な業務改革の一環として、経費精算/管理クラウド「Concur Expense」と請求書管理クラウド「Concur Invoice」を導入した。

 同ソリューションは2021年9月に導入を完了しており、グループ企業にも順次展開している。導入により、データ可視化によるガバナンス強化、自動規程チェックによる業務効率化と人的ミスの防止、出張申請などの書面申請の廃止、統一電子フォーマットによるグループ内業務の標準化につながっているという。導入後、一般従業員の経費精算にかかる時間は年間約2100時間、管理部門の経費処理業務にかかる時間は年間約2400時間削減された。今後はさらなる業務省力化を目指し、グループ企業約40社、従業員約1万人を対象に展開することを計画している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]