「OpenStack」クラウドの人気が急上昇--2020年から166%成長

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-11-30 12:28

 「OpenStack」(オープンソースのIaaSクラウド)は衰退しつつある、との見方が一部のクラウド界隈(かいわい)では定説となっているが、この見解は事実と大きく異なる。OpenStackは今も健在であり、すさまじい勢いで成長している。OpenStackの「2022 User Survey Report」によると、現在、4000万個以上のコアが本番環境で使用されているという。つまり、2021年比で60%、2020年比で166%の成長を遂げている。

 
 

 落ち目とみなされているサービスにしては、悪くない成果だ。

 OpenStackはChina MobileやVerizonといった主要なモバイル通信会社のバックボーンとなっているが、通信業界以外でも存在感を発揮している。メッセージングサービスを運営するLINE、クラウドベースのオンデマンド型財務管理サービスを手がけるWorkday、Walmart Labs、Yahooなど、そのほかの大手企業もOpenStackを利用している。さらに、それよりもはるかに小規模な企業の多くも、自社のクラウドの未来をOpenStackに賭けている。

 それには多くの理由がある。OpenStackプロジェクトの管理を行うOpen Infrastructure Foundation(OpenInfra Foundation)の最高経営責任者(CEO)兼エグゼクティブディレクターを務めるJonathan Bryce氏は、「OpenStackは、変わり続けるインフラストラクチャーの世界をサポートしており、今では、GPUやFPGAスマートNIC、スマートストレージといったものにも対応している。その一方で、基礎を成すハードウェアに直接アクセスすることも可能だ」と述べている。これにより、「OpenStackの利用者は、さまざまな驚くべきことを実行できる。例えば、通信会社は、動画のエッジトランスコーディングが可能なワークロードをクラウドに配置できる。これにより、5Gを使ってスマートフォンで4K動画を視聴できる」

 OpenStackの人気が高まっているもう1つの理由は、「Kubernetes」の統合だ。

 「Linux OpenStack Kubernetes Infrastructure」(LOKI)のおかげで、KubernetesはOpenStack環境の85%以上に展開されている。さらに、OpenStackコンテナーオーケストレーションサービスである「Magnum」の人気も高まっている。現在、ユーザーの21%がMagnumで本番環境のワークロードを実行している。それでも、一番人気があるのはKubernetesだ。ユーザーの73%は標準のKubernetesを利用しており、12%はRed HatのKubernetesディストリビューション「OpenShift」を通して、Kubernetesを使用している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]