コンカー、2024年下半期に国内データセンターを開設へ--公共機関へのDX推進支援を強化

藤本和彦 (編集部)

2022-12-02 14:35

 出張・経費管理SaaSを展開するコンカーは12月2日、政府や自治体をはじめとした公共機関のデジタル変革(DX)推進を支援すべく、国内にデータセンターを開設する計画を発表した。開設時期は2024年下半期を予定しており、政府機関が利用するクラウドサービスのセキュリティーを評価する「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)への登録も予定している。

 同社は2019年に公共機関向けの実証実験(PoC)の開始を発表し、前橋市と栃木県を含む14団体でPoCを実施。その結果、平均70%以上の業務削減効果が見込めることが確認できており、間接費領域における業務効率化、デジタル化の有効性が証明されているという。

 バイスプレジデント デジタルエコシステム本部 本部長の橋本祥生氏は「PoCを通じて、公共機関の間接業務DX、モダンアプリ化への積極的姿勢、そして当社サービスでの実現性に一定の評価を確認できたため、公共機関へのクラウドサービスの提供に必要な国内データセンターの設置およびISMAP認証取得を正式に進めることにした」とコメントする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]