米国防総省、クラウド構築事業でAWSなど大手4社と契約--90億ドル規模

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2022-12-09 09:50

 米国防総省(DoD)は、90億ドル(約1兆2000億円)規模の大型クラウド事業「Joint Enterprise Defense Infrastructure(JEDI)」に関する契約を、ハイテク大手4社と締結した。この契約は当初、Microsoftが100億ドル(当時のレートで約1兆1000億円)で獲得していたが、DoDは2021年に契約を解除した。

提供:Getty Images / iStockphoto
提供:Getty Images / iStockphoto

 JEDIから「Joint Warfighting Cloud Capability」(JWCC)に改名されたこの案件は、Amazon Web Services(AWS)、Google Support Services、Microsoft、Oracleに発注された。

 DoDは2019年に、10年間で100億ドル規模の契約をMicrosoftに発注したが、AWSから提訴されたことを受けて、2021年7月に解除した。そして11月に、AWS、Microsoft、Google、Oracleに対して、JWCCへの応札を新たに要請した。

 DoDが米国時間12月7日に発表した声明によると、複数事業者契約として発注するJWCCにより、「任務のスピードに合わせて、本部から戦術部隊まで、すべての分類レベル」の職務で、落札者から直接、商用クラウドの機能やサービスを調達できるようになる。つまり軍関係者に、非機密/機密情報、極秘データへのアクセスを提供するサービス契約を結ぶことになる。

 DoDは、エラスティックコンピューティング、ストレージ、ネットワークインフラ、高度なデータ分析、堅牢なセキュリティ、戦術的エッジデバイスなどのサービスを利用できる。Associated Press(AP)によると、契約終了時期は2028年6月になるという。

 DoDは4社に発注することで、1社に全てを委ねる代わりに、マルチクラウド環境を選んだことになる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]