人材サービスのディップ、「New Relic」採用--エンジニア組織の変革を目指す

NO BUDGET

2022-12-12 07:33

 New Relicは、人材サービス大手のディップが、エンジニア組織への変革を目的にオブザーバビリティー(可観測性)プラットフォーム「New Relic」を導入したと発表した。

 「New Relic」はクラウドベースの観測プラットフォームで、インシデントを迅速に検出、理解、解決するための応用インテリジェンスを備えている。エンジニアリングチームは、システムのアップタイムとパフォーマンス、規模と効率などの向上、市場投入までの時間の短縮を実現できる。

 同プラットフォームは、ペタバイト規模であらゆるタイプのアプリケーションやインフラストラクチャのデータを収集、可視化することができる。またAPM、インフラストラクチャー、ログ、デジタルカスタマーエクスペリエンスにまたがるソフトウェアスタック全体を1つのコネクテッドエクスペリエンスで分析し、トラブルシューティングを実行する。

 「バイトル」「はたらこねっと」などの人材サービスなどを展開しているディップは、9月よりNew Relicの本格導入を開始した。同社は約2カ月という短期間で、100人を超えるエンジニア全員がNew Relicの機能をフル活用できる環境を整え、総テスト工数を半減させた。新たな時間が創出されたことで、エンジニアは、企画チームとの共同作業や新しいテクノロジーへの挑戦に取り組めるようになっている。

 またウェブサイトの健全性を示す指標「Core Web Vitals」を利用して、コンテンツの表示時間(LCP)、ページ操作の応答性(FID)、ページ表示の安定性(CLS)を評価する環境を整えた。New Relicで収集した情報をチームで共有し、共通の指標を用いてエンドユーザーの体験を評価しながら、プロダクト目線・ユーザー目線でサービス改善に取り組めるようになった。

 さらに、Googleが割り出したソフトウェア開発チームのパフォーマンスを示す4つの指標「Four Keys」をベースに、デプロイの頻度、変更リードタイム、変更失敗率、サービス復元時間を指標として、チームが取り組んだ開発の成果をNew Relicのダッシュボードでスコアとして参照できるようにしている。

 ディップではこれまで、縦割り業務と外部のパートナー企業に頼りがちだった開発手法により、システム全体を見渡せるエンジニアがいないことや開発のイニシアチブが社内にないことが課題となっていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]