京都信用金庫、インボイス管理サービス「Bill One」導入--信用金庫としては初めて

NO BUDGET

2022-12-12 07:36

 Sansanは、京都信用金庫がインボイス管理サービス「Bill One」を導入したと発表した。Bill Oneが信用金庫で導入されるのは初めて。

 Bill Oneは、紙の請求書やメールに添付されるPDFの請求書など、あらゆる形式の請求書をオンラインで受領・データ化し、月次決算の加速を進めるサービス。電子帳簿保存法にも対応し、適格請求書を作成・発行できる機能の提供も開始している。Bill Oneの受領サービスでは、これらの請求書の振り分けや、紙で受け取った請求書をスキャンしてデータ化するなどのアナログな作業をデジタル化することができる。

 さらに会計システムとの連携によって請求書の受け取り、保管の効率化だけでなく、帳簿作成、経営分析などをオンラインで行うことが可能となり、請求書に関わる経理業務をさらに効率化・迅速化できる。

 京都信用金庫は、店舗や本部で請求書を受領し、会計システムへの入力作業などを行っている。そのため受領する紙の請求書の処理に時間と工数がかかっていた。

 Bill Oneを利用することで電子請求書だけでなく、紙で受領した請求書も自動でデータ化してクラウド上で管理できる。これにより業務効率化を実現しつつ、将来的にインボイス制度へも対応できることから、今回の導入に至った。

 また同金庫では金融機関向けに専門システムの開発を行うSSBソリューションが提供する経理システムを利用しているが、今回Bill Oneで受領した請求書をSSBソリューションのシステムと連携させる。これにより、これまで通り高いレベルのセキュリティを維持したまま、さまざまなアナログ業務を削減できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]