SPPテクノロジーズ、MEMS・半導体製造装置の遠隔支援サービスを開始

NO BUDGET

2022-12-13 15:52

 SPPテクノロジーズ(SPT)は、SCSKの技術開発支援を得て、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)・半導体製造装置向けデジタル遮蔽(しゃへい)機能付き遠隔支援サービス(遠隔支援サービス)を開始した。

 MEMSは「微小電気機械システム」のことで、身近な例では、スマートフォンやスマートスピーカーに内蔵されている小型マイクロフォンやインクジェットプリンタのプリンタヘッド(インク吐出部)がある。

デジタル遮蔽機能
デジタル遮蔽機能
 

 デジタル遮蔽機能は、仮想空間上に、指定した対象物と同等の矩形を用意し、現実空間に配置された対象物と重ね合わせて表示されることにより、どの角度からでも、その対象物以外を映さないようにマスキングする。長年にわたる(拡張現実)XR技術の研究をもとにSCSKが開発した。

サービス概要
サービス概要

 秘匿性の高い半導体製造工場などで遠隔支援サービスを利用するためには、機密情報漏えい防止の観点か、ら対象物以外の工場内の情報を遮蔽する必要がある。この課題を解決するため、SPTとSCSKが共同で、顧客企業の工場とサポート拠点が対象装置の映像だけを共有する手法を検討していた。その後SCSKが保有するデジタル遮蔽機能を活用した対象装置以外の情報をマスキングする遠隔支援サービスを開発した。

 このサービスは、スマートグラスを通じた視界共有機能と、音声通話、XR技術を活用したデジタル遮蔽機能を用いて、機器の保守・メンテナンス及び修理対応時に、顧客の工場とサポート拠点を接続して遠隔で支援を行う。

 装置の点検やメンテナンスの基本メニューに加え、装置を安定的に稼働させるための豊富なメニューを利用でき、顧客とSPTのエンジニアが遠隔支援サービスで接続することで、熟練エンジニアによる的確なサポートを提供できる。

 今後、顧客の要望や課題解決につながる機能追加をSPTとSCSKで継続的に行う。同様の課題に直面している機器・装置メーカー、機器・装置を使用する企業に対し、提供サービスの充実を図るという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]