三菱UFJ銀行、勘定系などのアーキテクチャーを抜本的に変革へ--日本IBMが支援プロジェクト

NO BUDGET

2022-12-14 16:42

 日本IBMは、三菱UFJ銀行の勘定系システムの変革を中心とした「アーキテクチャー戦略」の実現を支援するプロジェクトを開始した。同戦略は、勘定系システムのモダイナイゼーション(近代化)によって開発生産性を向上させ、デジタル変革(DX)の各施策に柔軟かつ迅速に対応できるアーキテクチャーの実現を目指すというもの。

 安心安全な業務の継続に加え、ビジネス変化への対応力と事務/システムコストの競争力を強化するため、銀行システム全体の構造改革に取り組み、段階的に新システムへの移行を進める。

 中でも預金為替システムを中軸とする勘定系システムの構造改革は、「BaaS(Banking as a Service)連携などに向けたAPI提供」「内部構造の再構築」「リアルタイムのデータ利活用」をポイントにしている。

 新勘定系システムのシステム基盤は、信頼性の高いメインフレームと迅速性・柔軟性の高いオープン系基盤を適材適所で選択するハイブリッド基盤に進化させる予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]