小田急電鉄、データ分析基盤の構築パートナーにジールを選定

寺島菜央 (編集部)

2022-12-19 17:25

 小田急電鉄は、事業部門の自律的なデータ活用を可能にするデータ分析基盤の構築パートナーに、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進事業を展開するジールを選定した。また、分析精度向上のため、ジールのオープンデータ提供サービス「CO-ODE(コ・オード)」を導入した。これらについてジールが12月19日に発表した。

 小田急電鉄では、経営ビジョン「UPDATE 小田急~地域価値創造型企業にむけて~」の実現に向けてDXを推進し、新たな価値創造に取り組む。DXのさらなる推進に向け、同社はビジネスのスピードと質を高める日常業務の効率化や高度化が必要であるとし、事業部門の自律的なデータ活用の実現を検討していたという。

 特に、運輸統括部門が扱う列車の乗降データは各事業部門からのデータ利用のニーズが高く、利用したい場合は運輸統括部門とデータを取り寄せる部門の両方に手間と時間を要していた。また、鉄道事業部門では投資家向けの情報開示(IR)の観点から、駅の利用者数や売上データなどと、その要因を分析し公開するための作業を「Excel」ベースで行っており、精度や分析力が課題になっていたという。

 そこで同社は、このような課題を解消するため、データ利用部門が自ら分析やレポートを作成するセルフサービス型のビジネスインテリジェンス(BI)に注目。2019年にセルフサービスBIの環境構築に向け、ジールと共に3カ月間の概念実証(PoC)を実施した。PoCの結果、的確な提案やプロトタイプで要件を具体化するアジャイル的なアプローチなどを評価し、同社は構築パートナーとしてジールを選定したという。

 同社はほかにも、オープンデータの収集・活用に関する課題を抱えていた。従来は、必要に応じて天候やイベントなどオープンデータを検索して活用していたが、担当者のスキルによって精度や品質が均一でなく、データ収集に手間と時間を要していたという。そこで、国や自治体が公開するオープンデータを使いやすく加工し、配信・提供しているコ・オードを導入。オープンデータを自社データに掛け合わせることで、要因分析や原因分析、将来予測に利用でき、分析精度を高めることができたという。

 現在、同社はデータ分析基盤に「Microsoft Azure」を利用している。また、乗降データや外部イベントデータ、コ・オードのデータは、「Azure SQL Database」で一元管理しており、分析サービス「Azure Analysis Services」を用いて「Power BI」でのデータ活用を実現しているという。

 データ分析基盤の構築により、事業部門における自律したデータ活用に向けてスタートラインに立てたため、2023年1月には小田急電鉄を含むグループ会社において、「Microsoft 365」をベースとする情報基盤を構築する予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]