海外コメンタリー

ローコード開発は実際にどこまで使えるのか

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-12-27 06:30

 開発者不足が今後も続くとみられている中、供給が少なく、費用もかかる人材を雇用する代わりになる可能性があるとして、ローコード開発プラットフォームへの関心が高まっている。

画面を見ながら話す2人の人物

 しかし、ローコード開発が役に立つとしても、実際問題として、JavaやJavaScriptやPythonの開発者を新たに雇うことなしにどこまでやれるのだろうか。

 Googleは「AppSheet」と呼ばれるノーコード開発プラットフォームを持っているし、Amazonには「Honeycomb」が、Microsoftにはローコード開発ツールの「Power Platform」が、Oracleには「Apex」が、Salesforceには「Flow」がある。またローコード開発市場には他にも、早い時期から参入しているAppianのほか、Pegasystems、Mendix、OutSystems、Zohoなどの企業がひしめいている。

 IT業界を専門とする調査会社であるGartnerは、2020年には新しいアプリケーションの25%未満がローコード開発やノーコード開発の技術を使って開発されていたが、2025年にはその割合が70%まで増えると予想している。最近では、この技術によっていわゆる「シチズンデベロッパー」が台頭してきた。通常のJava開発者であれば計算機科学の学位を持っている可能性が高いが、シチズンデベロッパーにはそれほどトレーニングは必要ない。

 米ZDNetは、Appianの顧客であり、ロンドンで開催されたAppianの欧州向けカンファレンスに登壇したStephen Marjot氏にインタビューを行い、企業がローコード開発についてどう考えているかを尋ねた。同氏は英金融機関NatWest GroupでChange Centre of Excellenceの責任者を務めている。NatWest Groupの傘下企業には、世界に1900万の顧客を有するRoyal Bank of Scotlandも含まれている。

 NatWestは、新しい銀行商品を作る際のリスク管理プロセスを効率化するためにAppianを利用している。Marjot氏によれば、NatWestが実施した影響評価で、同社では新製品や既存の製品に対する変更に73日間かかっていることが明らかになったという。これは、プライバシーや不正防止、マネーロンダリング対策などのコンプライアンスチェックに時間がかかっていたためだ。突破しなければならない工程は全部で17段階あり、同社ではこれまでその工程に7種類のツールを使用しており、そのうち3つのプロセスにExcelが使われていた。

 「それらはまったく連携が取れておらず、個人がひとつ一つを使ってデータの入力を管理する必要があり、それが作業の重複につながっていた」と同氏は言う。

 これらの工程を1つのワークフローにまとめるプロジェクトはまだ終わっていないが、NatWest Groupは必要な時間を約70分まで短縮したいと考えている。

 「一貫性がある形で標準化できれば、ローコード開発によるオートメーションを使って、最初の段階で構成を変更可能なワークフローを構築することができるが、それには複雑で成熟したツールが必要になる。しかし、一度それを作ってしまえば、その後のメンテナンスはほとんどローコードでできる」(Marjot氏)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]