ロート製薬、インテックの「EDIアウトソーシングサービス」導入--充実した運用サポート

NO BUDGET

2022-12-22 08:00

 ロート製薬はインテックが提供する企業間電子取引サービス「EDIアウトソーシングサービス(EINS/EDI-Hub Nex)」を採用した。インテックが発表した。

「EDIアウトソーシングサービス」の導入イメージ
「EDIアウトソーシングサービス」の導入イメージ

 EDIアウトソーシングサービスは、通信インフラをINSネット(ディジタル通信モード)からインターネットに切り替えて利用でき、日々増加していく受発注や商取引データの送受信への迅速な処理が可能になる。また、EDIの接続先追加もすぐに対応できる。

 DR(Disaster Recovery)とシステム運用を2拠点で行っているため、自社で構築したEDIでは対応が難しかったバックアップなどのBCP対策も可能となる。このため、1日でビジネスに数億円単位の影響を及ぼすような重要なデータを守ることができる。

 さらにAmazon Web Services(AWS)との接続実績が豊富なため、ユーザー側のAWSの基幹システムとのネットワーク構築も短期間で実施できるという。

 ロート製薬のEDIは、約80の代理店との間で毎日の受発注や商取引のデータを円滑に運用し、国内受注の約8割を管理する重要なシステムとなっている。これまでは、自社でこのシステムを構築し運用していたが、そのインフラを支えてきたINSネット(ディジタル通信モード)サービスが2024年に終了するため、外部サービスへの乗り換えを検討していた。

 同社は、インテックのEDIアウトソーシングサービスについて、EDIサービスにおける豊富な運用実績、コストパフォーマンス、障害発生時のコンサルティングなど、トータルで充実した運用サポートを受けられる点を評価している。また、DRサービスと2拠点運用サービスにより、BCP対策を盤石なものにできる点も採用のポイントとなった。

   

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]