Okta、GitHubのコードリポジトリーに不正アクセス--顧客への影響はなし

ZDNET Japan Staff

2022-12-23 11:16

 ID管理および認証サービスを提供するOktaは米国時間12月22日、GitHubにある同社のコードリポジトリーに影響を与えるセキュリティー侵害があったことを発表した。しかし、顧客に影響はなく、顧客側が措置を講じる必要はないとしている。

 このセキュリティ侵害は、「Okta Workforce Identity Cloud(WIC)」に関するもので、同社が2021年に買収したAuth0の顧客IDクラウド製品は含まれない。

 同社によると、GitHubから12月初旬に、Oktaのコードリポジトリーへの不審なアクセスについて報告があり、調査の結果、このアクセスによりWICに関連したコードリポジトリーがコピーされたことが判明したという。

 「調査から、Oktaのサービスや顧客データへの不正アクセスはないという結論に達した。サービスのセキュリティは、ソースコードの機密性に依存していない。当社のサービスは現在も完全に機能しており、その安全性を維持している」(同社)

 Oktaは不審なアクセスの報告を受けた後、すぐにOkta GitHubリポジトリーへのアクセスを一時的に制限し、サードパーティーアプリケーションとのGitHub統合をすべて停止した。

 また、GitHubにあるOktaソフトウェアリポジトリーへの最近のアクセスとコミットをすべて確認し、コードの完全性を検証した。さらに、GitHubの認証情報のローテーションを行った上で、法執行機関にも通知した。

 同社は1月、ハッキンググループ「LAPSUS$」の攻撃によるセキュリティ侵害があったほか、8月にも別のハッキングキャンペーンの被害を受けている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]