JALカード、基幹システムのIT基盤を「IBM Cloud」で刷新

藤本和彦 (編集部)

2022-12-27 11:44

 ジャルカード(JALカード)は、カード会員の情報を管理する基幹システムのIT基盤を刷新し、「IBM Cloud」のIaaS「IBM Power Systems Virtual Server」に移行した。日本IBMが12月27日に発表した。

 IBM Power Systems Virtual Serverは、「IBM AIX」「IBM i」のワークロードを従量課金で利用するIBM CloudのIaaS。基幹システムやコンテナーアプリケーションの基盤に加え、災害対策や開発・検証環境としても活用されている。

 クレジットカードをはじめとした決済サービスは、近年のキャッシュレス化の浸透によって国内外のFintech企業やスタートアップ企業との連携を通じた多様化が進んでいる。そうした背景からこれまで以上に柔軟かつ先進的なテクノロジーの活用が急務となっており、また季節やイベント、キャンペーンなどによりアクセスや応募が集中しても余裕を持った運用を可能にする拡張性の高いシステム基盤も必要となっている。

 JALカードでは、こうした環境に対応していくため、これまで開発してきたアプリケーションやソフトウェアのポートフォリオを変更することなく、システムをクラウドに移行できるIBM Power Systems Virtual Serverの採用を決定した。

 新しいIT基盤では、OSやミドルウェアも最新化し、周辺システムとの接続や従来の業務プロセスを変更することなく、アプリケーションの追加やストレージの拡張をより柔軟かつ迅速に対応できるようになったという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]