IT企業の年頭所感

イメージングの力とDXで社会の持続的成長に貢献--コニカミノルタ・大幸社長兼CEO

ZDNET Japan Staff

2023-01-05 10:36

 2023年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

コニカミノルタ 代表執行役社長 兼 CEO 大幸利充氏

 2022年は、人々の行動は新型コロナウイルスとの共存に大きくシフトし、年末に向けては中国においてもゼロコロナ政策が緩和され、コロナ影響による経済活動の制約をグローバルに跳ね返そうとする動きが多くなりました。その一方で、ウクライナ情勢の長期化により、資源やエネルギー価格の高騰が世界経済にも大きな影を落としました。

 このような状況下、コニカミノルタが再び成長企業として躍進を遂げるようグループ全体を力強くけん引し、当社を取り巻くステークホルダーの皆さまのご理解と信頼を得るとともに、従業員の自信を取り戻していくために、一つ一つの課題に真摯に取り組んでいます。

 2023年は、エネルギー価格高騰や金利上昇の他に、事業領域によってはお客様の設備投資抑制を受けるリスクなど引き続き厳しい外部環境を予測しておかねばなりません。当社はサステナビリティーを経営の中心に置き、多くの社会課題から5つのマテリアリティー(重要課題)を設定し、社会・環境課題解決と事業成長の両立を推進しています。当社が培ってきたイメージングの技術とデジタルトランスフォーメーション(DX)を活用した画像解析技術の進化により、お客様と共にどのような課題を解決できるのかを考え、ジャンルトップ戦略を強化することで、社会価値と経済価値を共に向上させてまいります。

 2023年、当社は創業150年という節目の年を迎えました。1873年に杉浦六三郎が写真と石版材料の取り扱いを開始して以来、今日まで企業として150年継続できましたことは、ひとえにステークホルダーの皆様のおかげであり、全ての関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

 目に見える世界をありのままに写すことから、病気の予兆やモノづくりにおける品質のばらつきなど、人間の目に見えないものの見える化まで、当社は人々の「みたい」に応えながら、社会に新しい価値を創造してまいりました。さまざまな業種・業態の現場における人々の働き方やモノづくりの変化など、事業環境の動向を先読みし、お客様や社会の課題解決に貢献するために、イノベーションを創出し続けてきました。これまでの150年の歴史は、まさに変革の連続であります。当社はこの150年の節目を新たなスタートと位置づけ、創業以来培ってきたイメージングの力を活かし、人々や社会の持続的成長に貢献していくために歩みを進めてまいります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]