「AIOps」とは? IT運用における人工知能の重要性--後編

Sascha Giese (SolarWinds)

2023-01-24 06:00

 前回の記事では、組織がAIOpsを導入する必要がある背景やAIOpsの定義について説明しました。今回は、AIOpsの導入に必要な5つのステップと、AIOpsを導入するメリットについて説明します。

AIOpsの5つの重要なステージとは?

 AIOpsの主な用途としては、パフォーマンス監視、異常検知、根本原因分析、ITサービス管理、自動化などが挙げられます。AIOpsには、図2に示すような複数の段階があります。

  1. データの取り込み
  2. データ統合
  3. イベント相関
  4. 問題検出
  5. 問題解決
図2.AIOpsパイプラインにおける段階
図2.AIOpsパイプラインにおける段階

 各段階には、生データの収集から変換や分析を経て、問題を修正するためのアクションの実行に至るまで、明確な目的があります。定量的な観点としてAIOpsは、IT環境における問題の検出、調査、解決にかかる時間の短縮を目指します。

1.データの取り込み

 AIOpsの最初の段階は、サーバー、ネットワーク、アプリケーションなど、さまざまなソースシステムからデータセットを収集することです。問題の検出と解決にかかる時間を最小限に抑えるには、できるだけリアルタイムにデータを取得することが重要です。この要件は、ストリーミングインジェストをサポートすることが重要であることを意味します。

 また、履歴データを残すことも重要です。履歴データは、AIOpsの機械学習モデルを改良し、キャパシティープランニングやセキュリティ侵害の調査など、他のタスクをサポートするために活用できます。

 データを取り込む上でもう一つ重要な側面は、集約したデータの正規化または標準化です。ソースシステムによっては、同じ種類のデータに対して微妙に異なるデータ構造を使用している場合があり、データを共通の構造にマッピングして、後の段階で行う高度な分析をサポートすることが重要です。

2.データ統合

 AIOpsの第2段階は、データの統合です。これは、異なるソースからのデータを関連付けることで、各ソースシステムから得られる多様な情報に基づいて、根本原因の分析を実現するということを意味します。

 例えば、あるアプリケーションでは、アプリケーションのパフォーマンスと負荷に関する一連のメトリクスと、アプリケーション処理における重要なイベントを記述したログメッセージが生成される場合があります。メトリクスとログを時系列で共通のダッシュボードにそろえることで、イベントと依存関係の相関関係のパターンを見つけやすくなり、アプリケーションパフォーマンス監視(APM)の洞察をより良く伝えることができます。

3.イベント相関

 イベントの相関は、システムの状態を把握するために有効なイベントを特定するプロセスです。相関の目的は、膨大な数の注目すべきイベントの流れの中から、興味深いイベントの「点」を関連付けることです。例えば、あるネットワークデバイスがトラフィックの増加を示すメトリクスを報告し、その後にロードバランサーが同様の増加を報告したとします。

 次に、ロードバランサーのクラスター内のサーバーからCPUとメモリーの使用率が異常に高いという報告があったとします。通常ロードバランサーは、CPU使用率が定義されたしきい値を超えると、クラスターに仮想マシン(VM)を追加することになっています。しかし、そうならない場合は、リソース不足を解消するために早急な対策が必要です。

4.問題の検出

 ロードバランサーがクラスターのVM数を増やすことに失敗するのは、イベントの相関関係によって問題を検出できる例であり、相関関係にあるデータに対して、パターンマッチングやその他のAI技術を適用した例でもあります。人間がパターンを定義することもできますが、機械学習のアルゴリズムは、大量のITデータから関心のあるパターンを特定する異常検出やその他の予測分析に長けています。こうした技術によってAIOpsシステムが学習し、検出できる問題の範囲を拡大することができます。

5.問題の修正

 AIOpsパイプラインの最終段階は、検出された問題を修正することです。ロードバランサーに障害が発生した例では、クラスターにリソースを追加することができます。もし、この事象が進行中のセキュリティ侵害に関連している場合、AIOpsシステムはネットワークポートをブロックし、セッションを終了させ、攻撃者が悪用するシステムの既知の脆弱性にパッチを充てるなどの措置を講じることができます。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]