千葉市動物公園、アソビューの電子チケットを導入--顧客の利便性向上へ

NO BUDGET

2023-01-10 13:36

 千葉市動物公園は、アソビューの電子チケットサービス「ウラカタチケット」を導入した。これにより、待ち時間のない入場やスムーズな備品レンタルの実現など、来園者の利便性向上が期待されるという。アソビューが発表した。

千葉市動物公園の外観
千葉市動物公園の外観

 千葉市が運営する千葉市動物公園は、1985年に開園。7つのゾーンにおいて、約120種700の動物たちが自然の中で暮らしている。

 同園では2014年に「千葉市動物公園リスタート構想」を策定し、近年「特徴のある動物展示の実現」「教育・普及活動の充実」「国際的動物園への脱皮」「集客力の向上」「持続可能な運営体制の構築」という5つの指標のもと、さまざまな取り組みを実施している。

 今回、集客力の向上と持続可能な運営体制の構築について、入園券の販売やベビーカーの貸し出しをオンライン化し、さらに来場者の利便性を高めようということになり、電子チケットサービスの導入に至った。

 ウラカタチケットは全国約2500施設に導入実績があり、多言語対応、チケット販売データの活用などが可能なことが評価されて今回導入されたという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]