「Vanilla OS」を試す--セキュリティと使いやすさを両立させたLinux OS

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2023-01-16 07:30

 筆者は考えられる限りのあらゆる「Linux」ディストリビューションを使用してきた。シンプルすぎるものから、見事なまでに複雑なものまで、さまざまなものを使った。OSに実装可能な仕掛けや小技はほぼすべて見てきたが、セキュリティと使いやすさを等しく高めた新しいLinuxがついに登場した。筆者のように、この2つを兼ね備えたLinuxを探していた人は、続きを読んでほしい。

 「Vanilla OS」の初の公式リリースが、一般向けに先頃公開された。以前にこのLinuxディストリビューションをテストしたときは、大いに興味をそそられた。そのため、完成版のリリース準備が整ったと開発元が発表したとき、ぜひとも試したいと思ったことは分かってもらえるはずだ。

 筆者はテスト体験を終えて、大きな感銘を受けた。その理由を説明しよう。

セキュリティを重視したOS

 セキュリティ重視のOSと聞くと、さまざまな考えが頭に浮かぶと思うが、そのうちの1つは「複雑そう」だろう。Vanilla OSの以前のリリースでは、不変性のために「Almost」が使用されていた。これらの初期リリースをテストしたときは、魅力的ではあるが、決してユーザーフレンドリーではないと感じた。

 新しいリリースで、開発元はAlmostから「ABRoot」に移行した。Almostが使われていたときは、不変性を有効または無効にするために、2つのコマンドのいずれかを使用する必要があった。以下のようなコマンドだ。

  • 読み取り/書き込みの場合:sudo almost enter rw
  • 読み取り専用の場合:sudo almost enter ro

 Almostの問題は、読み取り専用モードを有効にしても、ルートファイルシステム内にファイルを作成できてしまうことだった。問題は他にもあり、「/home/」「/etc/」「/var/」という3つの重要なディレクトリーは不変性の対象にならない。

 そこで開発元は、2つのルートパーティション(A⇔B)間で完全に原子性が担保されたトランザクションを可能にするABRootに切り替えることにした。

 開発元はこれを以下のように説明している。

ABRootは、AとBという2つのルートファイルシステム間でのトランザクションによって、(原子性を)実現する。たとえば、新しいパッケージをインストールするとしよう。ABRootは、どのパーティションが現在のルートパーティション(すなわちA)なのかを確認してから、その上にオーバーレイをマウントしてトランザクションを実行する。トランザクションが成功した場合、オーバーレイは未来のルートパーティション(すなわちB)にマージされる。次回の起動時に、システムは自動的に新しいルートパーティション(B)に切り替わる。障害が発生した場合は、このオーバーレイが破棄されて、システムは通常どおり起動し、どちらのパーティションも変更されない。

 それを理解できるか確かめるために、htopコマンドをVanilla OSにインストールしてみよう。これには2種類の方法があり、apxパッケージマネージャーを使用するか、ABRootを使用する。apxを使う場合、システムのリソースへのアクセスが制限されたコンテナー内にhtopがインストールされるが、問題なく機能する。

 apxでhtopをインストールするには、以下のようなコマンドを実行する。

apx install htop

 インストールのために、sudoを使用して権限を昇格させていないことに注目してほしい。これは意図的にやっている。

 もう1つのインストール方法は、ABRootを使用するものだ。こちらの方が複雑で、インストール後に再起動が必要になる。たとえば、以下のコマンドでhtopをインストールできる。

sudo abroot exec apt install htop

 この方法でhtopをインストールすると、システムを再起動するまでhtopを使用できない。これは、新たにインストールされたアプリケーションを含む新しいルートパーティションにまだ切り替わっていないからだ。

 Vanilla OSには「Flatpak」と「AppImage」のサポートも含まれている。Flatpakアプリは「GNOME Software GUI」内からインストールすることもできるため、コマンドラインを使わなくてもアプリケーションをインストールできる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]