海外コメンタリー

ITエグゼクティブ6人に聞く「若き日の自分へのアドバイス」

Mark Samuels (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-01-18 06:30

 上を目指すプロフェッショナルは、成功を強く望んでいる。調査によれば、若い従業員の中には仕事を始めて1年目で昇進することを望んでいる人も多いという。

オフィスで語り合う人
提供:10'000 Hours/GETTY

 もしあなたが仕事を始めたばかりの頃に戻れるとしたら、自分にどんなアドバイスをするだろうか?この記事では6人のビジネスリーダーにこれまでの軌跡を振り返ってもらい、あらゆるプロフェッショナルにとって役立つ教訓を語ってもらった。

1.ワークライフバランスを保つ

 Aston Martin Cognizant Formula Oneの最高情報責任者(CIO)Clare Lansley氏は、若い頃の自分に、もう少しアクセルを緩めてもいいと伝えたいと語った。

 「やり直せるとしてもキャリアパスを大きく変えたいとは思わないかもしれないが、ワークライフバランスは改善したいと思う。私は若手だった頃によく働いた。私の最初の10年間はほとんど常に仕事が第一だったが、そこまでする必要はない」と同氏は言う。

 Lansley氏は、プロフェッショナルは昇進を目指す一方で、良好なワークライフバランスを保つよう努めるべきだと話した。

 「本当に自分がやりたいことに取り組んでいて、どうしてもそれをやり遂げたければ、週末を潰してでも仕事をするいう判断もあり得るかもしれない。しかしそれは、無理をしてまでやるようなことではない。時には自分を休ませることも必要だ」と同氏は述べている。

2.さまざまな部門を経験する

 休暇旅行に特化した旅行会社であるTUIでアナリティクスおよびAI担当CIOを務めるMarc Jennings氏は、企業のさまざまな部門に異動し、さまざまな役職を経験することを勧めている。

 「私は幸運にもそれを経験できたので、他の人にも同じことを勧めたい。TUIは、今も昔も、人材を異動させてその人の役に立つ仕事を経験させることに長けている」と同氏は述べている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]