大日本印刷、社内基幹システムをクラウド移行--DXを通じた「攻めのIT」を推進

NO BUDGET

2023-01-17 15:40

 大日本印刷(DNP)は1月17日、販売・購買・在庫管理などの基幹システムが稼働する社内インフラのクラウド移行が2022年11月に完了したと発表した。これにより、情報システム部門の役割の変革やシステム運用負荷の軽減などを実現し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じた価値創出の取り組みを加速していく。

価値創出の取り組み
価値創出の取り組み

 対象となったのは、7台のサーバーで構成された統合データベース基盤と約600台の仮想サーバーが稼働する業務アプリケーション基盤で、約8カ月でクラウドへの移行を完了させた。

 DNPでは、今回の移行による新しい価値の創出として、基幹システムの運用負荷の軽減、安定的な稼働とセキュリティ対策の強化、災害復旧などの事業継続計画(BCP)の強化を挙げている。

 運用負荷の軽減では、サーバーなどの導入や維持・管理に関わる総所得コスト(TCOの3割削減を目指す。またビジネス環境に合わせて、必要なシステムを柔軟かつ迅速に構築できる体制を構築し、営業活動や生産状況の分析・改善など、データに基づく経営をこれまで以上に推進していく。また、業務の標準化や自動化にもつなげていく。

 安定稼働とセキュリティ対策では、今回採用した「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)の技術的・物理的・人的な情報セキュリティ対策の機能を活用する。同機能は、政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)にも認定されている。

 BCP対策では、バックアップシステムとしても機能するように、クラウド内で東京と大阪の2カ所を活用する構成とする。これにより、広域災害などの発生時においても、復旧のリードタイムを短縮させ、スムーズな事業継続を可能にする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]